市議会6月定例会 高齢者就業促進を支援 補正予算4億9570万円

政治

掲載号:2018年6月2日号

  • LINE
  • hatena

 小田原市議会(加藤仁司議長・定数28)の6月定例会が6月4日(月)に開会する。会期は21日(木)までの10日間。上程案件は、一般会計補正予算案や一部条例改正など15件。

 一般会計補正額は4億9570万9000円で、補正後予算額は686億9570万9000円。

 歳出では、「高齢者福祉の充実」に事業費1865万9000円を計上。厚生労働省の事業採択を受け、高年齢者の就業促進や地域課題の解決に取り組むため設置した小田原市生涯現役推進協議会を支援し、プロダクティブ・エイジングの推進を図る。「歴史資産の保存と活用」は事業費3億1243万9000円を計上。南町と板橋周辺に残る歴史的・文化的資源の利活用の検討等を行うとしてエリアコーディネート委託料(1000万円)、文化・観光交流の拠点とする旧松本剛吉別邸の購入費(2億7880万円)等を盛り込む。

 その他の議案では、2019年5月に開業予定の「小田原漁港交流促進施設」の指定管理者として株式会社TTC(静岡県熱海市)の指定に対する議決を求める。市の特定事務を取り扱う郵便局の指定については、19年3月に7支所を含む11カ所の窓口が廃止されることに伴い、周辺の郵便局10局で対人サービスとして戸籍証明書や住民票の写しが取り扱えるようにするもの。

 会期中の主な日程は次の通り。▽8日(金)総務常任委員会▽11日(月)厚生文教常任委員会▽12日(火)建設経済常任委員会▽15日(金)各常任委員長審査報告、採決、陳情等審査結果報告、採決▽〈一般質問〉15日・18日(月)・19日(火)・20日(水)・21日(木)

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

小田原市 採択額全国2位

デジ田推進交付金

小田原市 採択額全国2位 政治

防災、観光分野などで活用

5月14日号

旧内野醤油店、利活用へ

小田原市

旧内野醤油店、利活用へ 社会

公有化で地域活性を促進

5月14日号

2030年への道筋示す

小田原市

2030年への道筋示す 政治

新総合計画がスタート

5月7日号

新シーズンへ組織変革

ベルマーレフットサル

新シーズンへ組織変革 スポーツ

発足15年 さらなる進化へ

5月7日号

3年ぶり武者パレードも

5月3日

3年ぶり武者パレードも 社会

「北條五代 歴史と文化の祝典」

4月30日号

『みかんの花〜』で出発進行

JR国府津駅

『みかんの花〜』で出発進行 文化

発車メロ、5月2日変更

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook