小田原版 掲載号:2018年6月9日号
  • LINE
  • はてぶ

共通点は努力家 小田原城北工業高 陸上部

スポーツ

初の関東出場を決めた小野君(左)と丸山君
初の関東出場を決めた小野君(左)と丸山君
 コツコツ地道に練習に励む丸山雄貴君(3年)。持ち前のパワーを生かす小野瑛希君(2年)。同じグラウンドで切磋琢磨してきた小田原城北工業高陸上部の2人が、ともに実力を発揮して初の南関東大会へ出場を決めた。

*   *

 やり投げの丸山君は52m91を記録し、5位で県予選を通過。だが目標だった自己ベスト更新には約1・5m及ばず、「関東はうれしいけれど…」と納得はいかない様子だ。

 見た目はおとなしそうだが、ベンチプレスは100kgをあげる怪力の持ち主。「投げ終えた後に上体を残すのが難しい」とこだわるフォームは、鈴木充顧問に「県内一きれい」と言わしめる。「一人でいつまでも練習している。歴代の部員のなかでもっとも真面目」と評される頑張り屋だ。

 中学で水泳部だった小野君を、「やんちゃで力があり余っている様子だったから」と鈴木顧問が陸上部へ勧誘。競技歴1年ながら大舞台で力を発揮し、ハンマー投げで自己ベストを3m以上更新して3位に入った。

 鍛え上げた厚い胸板が目をひくが、「パワーだけじゃなくコツがいるから難しい」と控えめ。普段はおちゃらけているが、陰で頑張っていることを鈴木顧問は知っている。

 タイプの異なる2人の努力家について、「自己ベスト更新が必須だけれど、インターハイ進出の可能性はありますよ」。

小田原版のローカルニュース最新6件

オープニングスタッフ募集

10/20面接 助産師、看護師、胚培養士

recruitolc@gmail.com

小田原レディスクリニック

オープニングスタッフ募集 ~助産師、看護師、胚培養士~

応募はメール recruitolc@gmail.com

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「まち歩き」実践的に学ぶ

「まち歩き」実践的に学ぶ

全3回でワークショップ

10月15日~12月10日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク