小田原市議会 議員定数など検討 改革推進委員会を設置

政治

掲載号:2018年6月16日号

  • LINE
  • hatena
小田原市議会の議場
小田原市議会の議場

 小田原市議会(加藤仁司議長)は6月4日、新たに議会改革推進委員会(井原義雄委員長)を設置した。「公正で市民に開かれた議会」「市民に分かりやすい議会」などの確立をめざし、来年2月まで28の諮問事項について検討していく。

 委員会を構成するメンバーは各会派の代表7人。井原委員長は、「来春に予定される市議会議員選挙を前に、これまで4年間の議会を総括する意味も込めて発足した」と狙いについて話す。

 最優先事項として取り組む1つが現在28の議席数。市の人口は今年に入って29年ぶりに19万2000人を下回るなど減少が続いており、井原委員長は「議員の適正数に定義はないが、人口減に伴い税収も減る状況下では削減についても検討しなければならない」と説明。人口規模が近い平塚市や厚木市(いずれも定数28)などの状況も参考にしながら、慎重に審議を進める方針だ。

 市が行財政改革に取り組むなか、議員報酬に加えて政務活動費の額も議題にあがる。市政報告会開催やチラシ作成などに対して充当できるもので、議員1人に支給される額は年間78万円。増額を求める声もあがる一方、使い切れずに不用額として返金する議員もいるため意見が割れそうだ。

 このほか、「市民参加の機会の拡充」をテーマに陳情審査基準も検討する。同市議会では本人または代理人により事務局へ持ち込まれた陳情書は必ず審査しているが、郵送についてはこれまで「意見」の扱いにとどまっていた。そこで今回、「身体が不自由で持参が難しい方への対処」について調査するという。

 同委員会では今後複数回の委員会を経て、議題を検討。来年2月までに最終答申をとりまとめ、議長に対して結果を報告する予定だ。

 今後の委員会は、6月29日(金)と7月18日(水)に開催予定。いずれも第2委員会室で午前10時から。以降の開催日程については、決定次第、随時議会のホームページで周知される。委員会は傍聴が可能。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

小田原市 採択額全国2位

デジ田推進交付金

小田原市 採択額全国2位 政治

防災、観光分野などで活用

5月14日号

旧内野醤油店、利活用へ

小田原市

旧内野醤油店、利活用へ 社会

公有化で地域活性を促進

5月14日号

2030年への道筋示す

小田原市

2030年への道筋示す 政治

新総合計画がスタート

5月7日号

新シーズンへ組織変革

ベルマーレフットサル

新シーズンへ組織変革 スポーツ

発足15年 さらなる進化へ

5月7日号

3年ぶり武者パレードも

5月3日

3年ぶり武者パレードも 社会

「北條五代 歴史と文化の祝典」

4月30日号

『みかんの花〜』で出発進行

JR国府津駅

『みかんの花〜』で出発進行 文化

発車メロ、5月2日変更

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook