小田原剣道連盟の会長に就任した 小松崎 和夫さん 真鶴町在住 64歳

掲載号:2018年6月16日号

  • LINE
  • hatena

剣を通して己を磨く

 ○…山に降った雨は集まって川となる。流れ行く過程で二手、三手に分かれ、いつの日か再び1つの流れとなり海を目指す。小田原から分かれて幾星霜―。2006年に足柄下郡が、そして今年、南足柄が再び加わり、本来の小田原剣道連盟の姿に戻った。「素晴らしい先人が努めてきた職に身の引き締まる思い。微力ながら発展に尽力したい」と謙虚な会長は語った。

 ○…竹刀を握って半世紀。生まれ育った真鶴から相洋中学入学時に剣道部に入部。当時は漫画『ハリスの旋風』で剣道ブーム。中高合同練習だった相洋の先輩は雄々しく、県でも指折りの手練れ。加えて上杉謙信が家臣・柿崎家の末裔という顧問がいる環境で道に勤しんだ。大学は岩手県花巻・奥州大学へ。ホタテの刺身と平壌冷麺は今も舌に鮮明に残る美味の記憶。

 ○…大学卒業後は神奈川で就職。今は母、妻、次男と暮らし、週末には長男がめんこい孫を連れて帰って来る。仕事ではいろいろあるのが世の常。しかし、剣道のおかげで上下関わらず人の話を素直に聞くことができ、ぐっと堪える忍耐も備わった。己が学び未来に残したいのは「礼節が一番大事。剣道を通して立派な社会人に」という願いだ。

 ○…「剣を通して己を磨く」。少し考えて出てきた座右の銘には素晴らしい先輩、後輩の姿がある。警視庁師範代まで務めた阿部三郎氏との立ち会いや仕事終わりに稽古をつけてくれた先々代会長の内田英之氏。一方、今春連盟から出た12人の昇段者の多くは教え子。「言葉を素直に聞いて、基本を大切に」と諭した県警の上層部の人は「どこでもあいさつしてくれて、私の言葉を覚えている。でも立ち会ったらもう気は抜けません」。うれしそうな顔でそう話されたらこちらもつられて頬がゆるんだ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

秋山 富男さん

金時山に登り続け、11月に6000回目の登頂を記録した

秋山 富男さん

小田原市新屋在住 81歳

12月4日号

黒栁 貴雅さん

プレイパークをつくる会@seishoの代表を務める

黒栁 貴雅さん

小田原市曽比在住 30歳

11月27日号

黒田 寛亮(ひろあき)さん

シマノ契約のプロアングラーとして活動する

黒田 寛亮(ひろあき)さん

小田原市栄町在住 29歳

11月20日号

池田 忠山さん(本名:池田忠正)

小田原俳句協会の会長を務める

池田 忠山さん(本名:池田忠正)

小田原市本町在住 78歳

11月13日号

木下 直人さん

2年ぶりの小田原公演を行う和太鼓集団「鬼太鼓座」メンバーとして活動する

木下 直人さん

小田原市栢山在住 33歳

11月6日号

山口 智さん

湘南ベルマーレの新監督に9月1日付で就任した

山口 智さん

茅ヶ崎市在住 43歳

10月30日号

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook