小田原版 掲載号:2018年6月30日号
  • LINE
  • はてぶ

「ソーラーシェア」を学ぶ 7月14日 全国大会で講演・セッション

社会

市内のソーラーシェアリング施設(設置/小田原かなごてファーム)
市内のソーラーシェアリング施設(設置/小田原かなごてファーム)
 「全国ソーラーシェアリングサミット2018inあしがら小田原大会」が7月14日(土)、お堀端コンベンションホールで開かれる。実行委員会が主催、エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議(エネ経)ほかが共催。

 「ソーラーシェアリング」とは、太陽光発電パネルの下で農作物を栽培する手法。農業を継続しながら農地の収益力を高め、耕作放棄地の解消策としても注目されている。

 基調講演は千葉エコ・エネルギー代表の馬上丈司さん(午後0時)、城南信用金庫顧問の吉原毅さん(1時)の2人が登壇。

 続いてのセッションでは、再生可能エネルギーの推進に取り組む経済人、有識者らが意見を交わす。【1】「ソーラーシェアリングの作りかた&活かしかた」1時30分、【2】「もうかる農業論〜ローカル&グローバルの視点から」2時55分、【3】総括セッション「100年先の地域・経済・農業・社会を見据えて」(パネリスト/鈴木悌介小田原箱根商工会議所会頭、加藤憲一市長ほか)4時40分。午前中はソーラーシェアリングの視察も行う。

 入場無料。参加希望者は、「アグリジャーナル」内の応募フォームから(大会名で検索または、エネ経HP内にリンク有り)。

 問い合わせは小山田大和さん【電話】090・7008・4455へ。

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小田原で先行上映会

映画「二宮金次郎」

小田原で先行上映会

1月6日 舞台挨拶も

1月6日~1月6日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク