「ソーラーシェア」を学ぶ 7月14日 全国大会で講演・セッション

社会

掲載号:2018年6月30日号

  • LINE
  • hatena
市内のソーラーシェアリング施設(設置/小田原かなごてファーム)
市内のソーラーシェアリング施設(設置/小田原かなごてファーム)

 「全国ソーラーシェアリングサミット2018inあしがら小田原大会」が7月14日(土)、お堀端コンベンションホールで開かれる。実行委員会が主催、エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議(エネ経)ほかが共催。

 「ソーラーシェアリング」とは、太陽光発電パネルの下で農作物を栽培する手法。農業を継続しながら農地の収益力を高め、耕作放棄地の解消策としても注目されている。

 基調講演は千葉エコ・エネルギー代表の馬上丈司さん(午後0時)、城南信用金庫顧問の吉原毅さん(1時)の2人が登壇。

 続いてのセッションでは、再生可能エネルギーの推進に取り組む経済人、有識者らが意見を交わす。【1】「ソーラーシェアリングの作りかた&活かしかた」1時30分、【2】「もうかる農業論〜ローカル&グローバルの視点から」2時55分、【3】総括セッション「100年先の地域・経済・農業・社会を見据えて」(パネリスト/鈴木悌介小田原箱根商工会議所会頭、加藤憲一市長ほか)4時40分。午前中はソーラーシェアリングの視察も行う。

 入場無料。参加希望者は、「アグリジャーナル」内の応募フォームから(大会名で検索または、エネ経HP内にリンク有り)。

 問い合わせは小山田大和さん【電話】090・7008・4455へ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

「カホン」作って叩こう

大村楽器店

「カホン」作って叩こう 文化

小田原の間伐材利用

10月17日号

新生児に10万円

湯河原町

新生児に10万円 社会

コロナ対策で独自支援策

10月17日号

寄付

寄付 社会

10月17日号

箱根の魅力を全国に

箱根の魅力を全国に 経済

温泉総選挙にエントリー

10月17日号

密避け呼びかけ

密避け呼びかけ 社会

赤い羽根共同募金

10月17日号

規模縮小し継続開催へ

箱根大名行列

規模縮小し継続開催へ 文化

今年は疫病退散を祈願

10月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク