若年認知症サポートプロジェクト 実践ケア賞を受賞 「尊厳ある生活作り」が評価

社会

掲載号:2018年6月30日号

  • LINE
  • hatena
沖縄旅行の様子
沖縄旅行の様子

 「日本認知症ケア学会・読売認知症ケア賞」(主催/日本認知症ケア学会、特別後援/読売新聞社)の受賞者が6月16日に発表され、ODAWARA若年認知症サポートプロジェクト(峯尾生恵(たかえ)代表)が実践ケア賞を受賞した。

 同賞は質の高い認知症ケアの実現に取り組む個人・団体グループにその努力と貢献をたたえるもの。2004年に始まり、今年度の表彰では実践ケア賞には3団体が選ばれた。「認知症のある人の尊厳ある生活を作り上げること」の取り組みが評価され、今回の受賞につながった。

 同プロジェクトは介護を必要とする人が「住み慣れた環境で暮らす」ことをテーマに13年12月から活動を開始した。月に一度、若年認知症の当事者や家族をはじめ医療、福祉、介護者などのサポーターらが集い、食事をしたり、体を動かしたりする中で話し合いを重ね、情報交換をしてきた。

 活動開始当時は若年認知症への社会的関心は低く、行政側も若年認知症の人数や困りごとの実数を把握していない状態だったという。

 定期的に交流を持つ中で参加者が同じ立場で悩みを打ち明けたり、相談を重ねたりすることで自由に参加できる居場所としての空間ができ上がった。

 「周りの人に迷惑をかけてしまう」「トイレが心配」などという参加者の考えから開設から1年ほどは外での活動を控えていたが、14年には山梨県に桃狩りを実施した。その後も江ノ島や北海道、沖縄県・宮古島などに旅行に出かけている。峯尾代表は「認知症になったから知り合った会。みんなで一緒に旅に出て、思い出が作れてうれしい」と話す。現在、メンバーは25人ほど。介護することに孤独を感じていたというメンバーからは「参加して気持ちが楽になった」「前向きになれた」という声も寄せられている。

 峯尾代表は「諦めるのではなく、自分のやりたいことを諦めずにやろうが私たちのモットー。これからも皆が楽しむことができて、当たり前に生活していける環境にしていきたい」と微笑んだ。

 若年認知症とは65歳未満で発症した認知症のこと。09年に厚生労働省が発表した調査結果によるとその数は、全国で約3万7千人いるといわれている。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

全国に轟け「鶴宝(かくほう)」

全国に轟け「鶴宝(かくほう)」 経済

真鶴養殖岩ガキ 愛称決まる

1月23日号

公共施設 使用制限に差

公共施設 使用制限に差 社会

1市3町、緊急事態宣言下

1月23日号

個性武器に世界へ挑戦

下曽我在住青木友哉さん

個性武器に世界へ挑戦 文化

バレエ ローザンヌ出場へ

1月16日号

「今は我慢の時」

地域飲食店

「今は我慢の時」 経済

時短期間始まる

1月16日号

「ヒサと共に」

湘南ベルマーレフットサル

「ヒサと共に」 スポーツ

きょう久光選手追悼試合

1月9日号

ワクチン接種 体制整備へ

小田原市

ワクチン接種 体制整備へ 社会

新型コロナ対応で補正予算

1月9日号

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク