小田原版 掲載号:2018年6月30日号
  • LINE
  • はてぶ

運転席にも高座にも 伊豆箱根バス 山田さん

社会

真剣な表情でバスを運転、高座では笑いを誘う
真剣な表情でバスを運転、高座では笑いを誘う
 ハンドルのかわりに手拭を握り、披露したのは「浮世床」。伊豆箱根バスの山田見弦さん(63)は、「気楽亭小生」として市内外の落語イベントに出演している。

 山田さんは東京出身。中学時代にラジオで先代三遊亭円楽の落語のファンになり、自分で落語のクラブを立ち上げるほどのめりこんだ。

 20年以上観光バスを運転し、遠くは九州まで足を伸ばした。定年後も運転手として所属し、今は小田原市内のほか、箱根関所や大涌谷などの路線も回っている。

 趣味の落語のネタは台本を書き写しながら覚え、今では10〜20席ほどを上演できるまでになった。「噺を聞いてクスっとしてもらえたら。仕事の役には立たないけどね」。語り慣れている分、車内のアナウンスもどこか軽やかだ。

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ベイビー・ブー登場

ベイビー・ブー登場

かもめ図書館で歌とトーク

11月19日~11月19日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク