(PR)

「ボリュームが…」「汚れが…」と思ったら オフシーズンのいま、羽毛ふとんのお手入れを

掲載号:2018年7月6日号

  • LINE
  • hatena
「暖かくなければ布団じゃない」
「暖かくなければ布団じゃない」

 クローゼットにしまわれている羽毛布団。長く使っていればボリュームがなくなり、「暖かさが足りない」と感じることがある。愛着のある布団ならばなおのこと、新品の時の「暖かさ」をきっと覚えているはず。

 「暖かくなければ布団じゃない」。羽毛布団のリフォームを、工場に出さずに自店で行う寝具の専門店イノウエの石山店長はそう言い切る。

寒い時期だけとはいえ、使っていれば消耗する

 布団の暖かさは羽毛と羽毛の間にできる空気の層で決まるが、毎日使っていると気付かない。カバーの中に羽毛が溜まっていたり、「ふんわり感が弱まった」というのはサイン。寝汗などの目に見えない汚れも。

 イノウエが提供するリフォームは単に羽毛の入れ替えだけでなく、すべて石山店長が見極め、必要に応じ乾燥消毒、羽毛の洗浄等を行う。作業はお客様の目の前でもするというのは、技術に対する自信そのものだ。

 羽毛のオフシーズンの今、リフォームしておけば、今秋以降の急な寒い日にも暖かく、その日が来るのを待つ楽しみが増えるはず。条件次第で朝受付け、夕方お渡しも可能(要予約)。

イノウエ

小田原市栄町2-10-13

TEL:0465-22-3141

http://www.futon-inoue.com/

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のピックアップ(PR)最新6

泌尿器科が新体制に

医療レポートシリーズ45

泌尿器科が新体制に

取材協力/県立足柄上病院

5月8日号

「シロアリ緊急事態宣言」発令中

(株)三和消毒 

「シロアリ緊急事態宣言」発令中

シロアリも蔓延防止が大切

5月8日号

矢秀庵が20周年

自家製石臼挽き蕎麦

矢秀庵が20周年

生ビールなど1杯サービス

5月8日号

ペットと一緒に入れる樹木葬が誕生

世界的庭園デザイナー石原和幸氏がプロデュース

ペットと一緒に入れる樹木葬が誕生

小田原市東町 道場院「小田原庭苑」

5月1日号

かまぼこ通りにジェラート店

かまぼこ通りにジェラート店

龍宮堂がオープン

5月1日号

光のこども遊園地

GWは小田原城イルミ!

光のこども遊園地

大人300円、小中高生100円

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter