小田原かまぼこ通り活性化協議会の会長を務める 田代 守孝さん 本町在住 42歳

掲載号:2018年7月14日号

  • LINE
  • hatena

ど真ん中を突破する

 ○…覚悟したらためらわない。敵は自分の心に内在化された先入観。「やったことがないからできないではなく、やってみればいい」。昨年、かまぼこ通りの「小田原宿場祭り」では、道路に100枚の畳を敷いてかまぼこやお酒を振る舞う前代未聞のイベントを行った。初開催となる「魚河岸夜市」や、街並みの景観整備にも力を注ぐ。漁師町、宿場町として栄え、歴史と文化が息づくかまぼこ通りを全力で盛り上げる。

 ○…田代吉右衛門本店「鱗吉(うろこき)」の8代目当主。親しみやすい笑顔が印象的だが、創業237年の老舗を継ぐことは「携わってきた全員分の命を背負うこと。ものすごく苦しい」と胸の内を明かす。それでも「宿命で生まれてきている」ときっぱり。「なるほど、小田原かまぼこ発祥の店と言われ続けたい」と、伝統の商品も改良を重ねる。クリームチーズ入りの伊達巻や、自然薯をたっぷり使った食べ歩き限定の練物など、ユニークな商品も次々に生み出している。

 ○…高校から親元を離れ、日本大学芸術学部で写真を学んだ。斬新なアイデアやものづくりへの情熱は、まさにアーティスト。一方で、どんなに忙しくても4歳の息子さんとのお風呂は欠かさない。御幸の浜で、流れ着いたガラスの破片「シーグラス」を拾うことも日課にしている。「行き交う船を眺めていると自分を俯瞰して見ることができる」という。

 ○…はじめは有志で活動していたが、4年前に協議会を結成。「40代は体力的にも思考的にも成熟し、パワーを発揮できる年代。責任世代だからこそ、でたらめなことはしたくない」。困難があっても筋を通すことで、仲間にも恵まれた。「子どもたちが夢を抱けるまちにしたい」。賑わいに溢れた未来に向け、ひるむことなく「中央突破」だ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

天満 正俊さん

今年6月から(一社)神奈川県中小企業診断協会の代表理事 会長を務める

天満 正俊さん

小田原市南鴨宮在住 44歳

10月16日号

廣田 いとよさん

「箱根でパンと古本市」を10月9日に仙石原の本喫茶わかばで開催する

廣田 いとよさん

箱根町在住 47歳

10月9日号

伊久間 洋輔さん

湘南ベルマーレフットサルクラブの新監督に就任し、10月8日の初陣に臨む

伊久間 洋輔さん

藤沢市在住 45歳

10月2日号

玉田 麻里さん

真鶴町空き家バンク事業を運営する(一社)真鶴未来塾の代表理事を務める

玉田 麻里さん

真鶴町在住 44歳

9月25日号

三宅 愛さん

東京オリ・パラ組織委員会アンチ・ドーピング課の一員として大会運営に関わった

三宅 愛さん

小田原市蓮正寺在住 36歳

9月18日号

石塚 秦雪山さん(本名:俊夫)

現代風のアレンジを加えた「ポップス尺八」の奏者として活動する

石塚 秦雪山さん(本名:俊夫)

(公社)日本尺八連盟所属師範 71歳

9月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook