灼熱の伊勢で最終決戦 相洋高・小田原城北工高 陸上競技部

スポーツ

掲載号:2018年7月28日号

  • LINE
  • hatena
相洋陸上競技部のメンバー
相洋陸上競技部のメンバー

 伝統ある「リレーの相洋」は今大会も健在。4×400m、4×100mリレーをはじめ、高校トップレベルのスピードを誇り、頂点に挑む。男子部長のメルドラムアラン君(3年)が「1、2年生がよく走ってくれるので僕らも頑張らないといけない」と話せば、クレイアーロン竜波君(2年)も「油断をしてはいけない。優勝したい」と全国にその名を刻むことを誓う。

 また、女子部長の合田陽菜さん(3年)は「チームの状態は上がっている。私たちにとってインターハイが一つのゴール。すべてを出し切りたい」と結束を促す。

 女子リレーの中心となる高島菜都美(3年)・咲季(2年)姉妹は「2人で優勝に貢献したい」と、姉妹での出場は最後となるインターハイにすべてをかける。

 個人種目でも男子800mでクレイアーロン君、女子400mでは6月の日本選手権でも5位に入賞した高島咲季さんが日本一を争う絶好の位置につける。昨年のインターハイでも入賞。今季も県総体、南関東大会と着実に好タイムを叩き出す2人は「ケガもなく、順調に仕上がっている。もちろん優勝を狙う」と闘志を燃やす。このほかにも複数の種目で全国の舞台を踏む相洋。チームが一丸となり、灼熱の伊勢ですべてを出し切る時が、来た。

自己ベストを5m更新

 県大会での一投は、自己ベストを3m以上更新。関東大会で記録をさらに約5m伸ばし、全国への切符を手にした城北工の小野瑛希君(2年)。インターハイの決勝進出ラインまで4m弱あるが、成長著しく、「まだまだっすね」と言いながらも横顔には自信がのぞく。赤い勝負靴で高みへ挑む。
 

ハンマー投げの小野君
ハンマー投げの小野君

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メンマで「竹害」改善へ

メンマで「竹害」改善へ 社会

製品化に向けチーム結束

10月16日号

野外でチョークアート

野外でチョークアート 文化

ダイナシティで

10月16日号

俳句に挑戦しよう

俳句に挑戦しよう 文化

11月30日まで作品募集

10月16日号

鉄道と人の絆など紹介

鉄道と人の絆など紹介 文化

24日(日)まで資料展

10月16日号

ハルネでテープアート

ハルネでテープアート 文化

参加者を募集中

10月16日号

塔之沢発電所が土木遺産に

塔之沢発電所が土木遺産に 文化

稼働中では県内最古

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook