関東学院大 新施設開所でシンポ 機能性食品を研究

教育

掲載号:2018年8月25日号

  • LINE
  • hatena
あいさつに立つ規矩学長
あいさつに立つ規矩学長

 材料・表面工学研究所を構える市内荻窪の関東学院大学湘南・小田原キャンパスに今年4月、新たに機能性食品科学研究所が開所。8月8日に記念シンポジウムが行われ、大学関係者と企業関係者約70人が集まった。

 規矩大義学長は「研究の成果を地域に役立て、皆様から可愛がっていただける研究所にしていけたら」とあいさつ。山田哲雄所長は「大豆の栄養素を活用し、社会に貢献できる研究所にしていきたい」と話した。

 シンポジウムでは角田光淳博士と松本雄宇博士が大豆の可能性と多様な機能性について講演。超微粉の大豆粉「ミラクルきなっこK―1」を開発した角田博士は「大豆は畑の肉、大地の黄金と呼ばれている。開発が進めば卵、乳、小麦の食物アレルギーを持つ子どもたちにとっても朗報になる」と話している。

産学連携に期待

 同大学は、地域産業の発展と人材育成、学術研究の向上を目的に小田原箱根商工会議所と今年5月に包括的産学連携協定を結んでいる。7月には同会議所の会員約30人が視察に訪れた。鈴木悌介会頭は「連携できることはたくさんあるのでは。研究内容を知り、イメージを膨らませていきたい」と期待を寄せた。

ミラクルきなっこK-1を試食する鈴木会頭(左)と開発者の角田博士
ミラクルきなっこK-1を試食する鈴木会頭(左)と開発者の角田博士

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

一瞬の閃きで勝負

一瞬の閃きで勝負 文化

柏木さんが戦略系ゲーム世界大会へ

7月20日号

フードロス×バンク掲げて

フードロス×バンク掲げて 経済

報徳食品支援センター開設

7月20日号

大天地にそそりたつ〜

大天地にそそりたつ〜 スポーツ

小田高 4年ぶり校歌にOB歓喜

7月20日号

一騎打ち制す

旭丘高校

一騎打ち制す スポーツ

走高跳の谷本健瑠さん

7月20日号

自然と人に触れる

自然と人に触れる 教育

NPOこころみが芋掘り

7月20日号

柳家三三の落語会

柳家三三の落語会 文化

8月11日 市民会館

7月20日号

楽しさ詰まった応援Tシャツ

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク