小田原版 掲載号:2018年9月15日号
  • LINE
  • はてぶ

敬老の日 100歳以上も過去最多 小田原市 高齢者人口は3割

社会

歩行訓練に取り組む佐野さん
歩行訓練に取り組む佐野さん
 小田原市の65歳以上の人口は5万6217人(9月1日現在)。昨年より670人増で過去最多となり、人口の3割を占める。また、100歳以上の人口も過去最多の116人に。最高齢は市内唯一の明治生まれ、久野在住の遠藤静江さん106歳だ。

 9月17日の敬老の日を前に、市内のデイサービスから「利用者さんもスタッフも憧れる、素敵な99歳の女性がいらっしゃるので紹介したい」と、編集室に連絡が入った。その女性は鴨宮の佐野テルさん。現在でも認知症はなく、歩行器を使って自分で歩く。明るくはきはきと話す姿が印象的だ。

要介護4から1に改善

 佐野さんは1919(大正8)年生まれ。来年100歳を迎える。長男夫婦と3人暮らしで、96歳まで台所に立ち料理の腕をふるった。3年前から通っているデイサービス・ツクイ小田原の金山智子所長は「温かい気配りで、いつも周囲を和ませてくれます」と話す。

 小田原育ちの佐野さんは、「小さい頃はおてんばだった」と笑う。あまり病気をしたことがなかったが、3年前の夏に腸の病イレウスを患った。退院してデイサービスに通い出したころは要介護4に。起き上がることもできなかったが、「病院の先生から自分次第だよと言われました。リハビリは涙が出るほど痛かったですが、歩きたい一心で頑張りました」と、懸命なリハビリを続けた。努力の末、1年ほどで要介護1まで改善。ケアマネジャーの高橋和子さんは「こんなにすごい方、今まで見たことがありません」と驚いたという。

 意識の高さは日頃の体調管理にも表れているという。毎日朝晩欠かさず血圧を計り、食事は腹八分を守る。元気の秘訣は「よく食べて、よく動いて、大勢の人に会うこと」。身の回りのことはできる限り自分でやるように心がけているという。

 週3回のデイサービスでは利用者やスタッフと会話を弾ませる。正月とお盆には25人の家族が集まり、賑やかに過ごすのだとか。幼いひ孫さんに絵本を読むのが楽しみの一つで「家中大騒ぎで大変だけど、帰っちゃうと寂しい」と目を細めた。

小田原版のローカルニュース最新6件

お土産に銀杏どうぞ

酒匂小

お土産に銀杏どうぞ

11月17日号

新春の東混コンサート

三段傾斜箱が大賞

三段傾斜箱が大賞

11月17日号

鈴木太尊選手、プロ初勝利

久野で花々が見頃

久野で花々が見頃

11月17日号

街頭で啓発活動

青色申告会

街頭で啓発活動

11月17日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ベイビー・ブー登場

ベイビー・ブー登場

かもめ図書館で歌とトーク

11月19日~11月19日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク