小田原版 掲載号:2018年10月6日号
  • LINE
  • hatena

千代中 北海道の被災地へ募金 地元の偉人を縁に企画

文化

募金活動をする生徒ら
募金活動をする生徒ら
 9月6日に発生した北海道胆振東部地震を受け、市立千代中学校が募金活動を実施している。

 同学区出身の大友亀太郎が約150年前に北海道の開拓に携わったことのつながりで、今回の地震の復興に役立ててもらおうと企画された。

 9月29日に校内で実施したバザーで募金活動が行われたほか、10月3日に小田原市民会館で開かれた同校合唱コンクールでは、昼食時間を利用し生徒会役員らが訪れた保護者に呼び掛けた。

 さらに、10月4日から約1週間は登校時に生徒に向けて募金活動を行っている。

 生徒会役員の岩本有波(あるは)君(2年)は、「大友亀太郎さんのことを社会の授業で勉強していたので、北海道は遠い場所だけど近く感じる。快く募金してくれる人が多くてうれしい」と話した。

 集まった義援金は札幌市などへ送られるという。

マンションセミナー&無料相談会

12月15日㈯、おだわら市民交流センター UMECOで開催

http://bunjyounpo.or.jp/

医療から介護まで

薬剤師、看護師、介護士、PT募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

目覚める鮮やかさ

目覚める鮮やかさ

新九郎で植松知祐個展

12月12日~12月24日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク