小田原版 掲載号:2018年11月10日号
  • LINE
  • はてぶ

色鮮やか700鉢 小田原城で菊花展 15日まで

文化

菊を写真に収める観光客 =3日
菊を写真に収める観光客 =3日
 白、ピンク、黄――。小田原城址公園本丸広場で11月3日から、菊花展が始まり、色鮮やかな花が来場者の目を楽しませている。大菊、盆栽、スプレー菊など会場を飾る約700鉢は、菊づくり愛好家「小田原清香会」の会員によるものだ。

 初日は、家族連れや外国からの観光客たちが、城や花をバックに記念撮影する姿が多く見られた。飯塚尚さん(37・川崎市)は家族4人で、兄一家と一緒に来場。清香会会員の父・和彦さん(71・秦野市)が出品しており、「毎年きれいですね」と話した。菊づくり歴30年の和彦さんは、これまで最高賞の農林水産大臣賞の経験もあり、今年はさがみ信用金庫賞を受賞。「自然相手のものだけれど、今年の夏の暑さは大変だった。(入賞は)嬉しいね」と笑顔を見せた。

 菊花展は11月15日(木)まで。午前10時〜午後4時。入場無料。

最高賞の農林水産大臣賞受賞作品
最高賞の農林水産大臣賞受賞作品

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小田原で先行上映会

映画「二宮金次郎」

小田原で先行上映会

1月6日 舞台挨拶も

1月6日~1月6日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク