〆木君、朝本君 県三連覇に貢献 高校弓道 12月の全国大会へ

スポーツ

掲載号:2018年11月24日号

  • LINE
  • hatena

 山北高校弓道部が、11月11日に厚木市内で開催された全国高等学校弓道選抜大会県予選会男子団体で優勝し、記録が残る1990年以降の県勢で、初の大会3連覇を達成した。男女総合でも2年連続で優勝し、12月24日(月)から岡山県で開かれる全国大会に出場する。

  *  *  *

 同大会県予選男子団体には、県内61校が出場。試合は3選手が順に4本の矢を放ち、計12本の的中数で勝敗が決まる。

 2016年と17年を連覇した山北高校弓道部男子は、2年生1人と城北中出身の〆木大地君と城南中出身の朝本翔太君(ともに1年)がエントリーし大会に臨んだ。

苦汁が生んだ偉業

 1・2回戦で、〆木君は8射中8射を的中させる「八射皆中」で勢いをつけ、4回戦まであった予選を1位通過。準々決勝の向の岡工高戦、準決勝の慶應義塾高戦では、朝本君が4射中3射を決め、両校をそれぞれ9―7で下し王手をかける。迎えた厚木東高との決勝戦では、朝本君が四射皆中を成し遂げて11―10の僅差で制し、県勢では平成初の大会3連覇に大きく貢献した。

 山本和貴顧問は「〆木はブレない技術が身についてきている。朝本は、群を抜くフォームのよさにメンタルも強化してきた」と選手を冷静に見つめ、〆木君、朝本君は全国大会の出場の4選手に登録されている。

 今夏はインターハイ出場を目指しながらも3位に終わり、心機一転迎えた10月の新人戦では惨敗。この辛辣な経験が選手の意識を変えたと顧問は話す。全国大会では「過去一度も予選を通過していないのでまずは予選通過」を目標に定めている。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

給食に木の温もりを

市建築事業協同組合

給食に木の温もりを 文化

市内産の椀 小学校に寄贈

1月15日号

幸福の木が開花

幸福の木が開花 文化

扇町、津田さん宅

1月15日号

日帰りクルマ旅、いかが

市観光協会

日帰りクルマ旅、いかが 文化

小田原巡る4コース紹介

1月15日号

オンラインで学ぶ糖尿病

オンラインで学ぶ糖尿病 教育

「たんぱく質」テーマに講座

1月15日号

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school 教育

1月15日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月15日号

株式会社大盛センイ

ラスカ小田原4階に1月31日(月)まで出店。ブランド『パンツのソムリエ』

http://www.pants-no-sommelier.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook