花制作&ラッピングに驚嘆 セリ会場に50人詰めかけ

社会

掲載号:2018年11月24日号

  • LINE
  • hatena
最後には両手で抱えるほどの花束を作り上げた2人
最後には両手で抱えるほどの花束を作り上げた2人

 小田原園芸で11月14日、花いけバトルにも出場した斑目茂美さん、出崎徹さんが講師を務める「秋のラッピング講習会」が行われ、一般客や生花店員ら50人が観覧した。

 普段はセリ会場となる空間で観客は買参人の席に座り、斑目さんが作った花束やアレンジメントを出崎さんがペーパーやセロハンでラッピング。トークをしながらの制作で、観客の質問に答えながらも手は動き続けた。

 花の挿し方や束ね方、少ない包材でも豪華に見せる使い方など商品に付加価値をつけるラッピングを披露。さらに、生花店の裏事情も話すと笑い声があふれた。約2時間で18点の作品ができ、作品は観客席に回され、観覧者は手元でまじまじと見ていた。

 観客は「初めて見たラッピングばかりで、発想が勉強になった。いつもの講習会はデザイナーだから、ラッピングまではしない。今回は2人とも同じ花屋なので、明日から使える技術を見せてもらえた」と満足げ。また「息の合った2人の掛け合いはまさにエンターテイメント。花屋のあるべき姿を見せてもらった気がした」と話す人もいた。

買参人の席を埋め尽くした
買参人の席を埋め尽くした

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

給食に木の温もりを

市建築事業協同組合

給食に木の温もりを 文化

市内産の椀 小学校に寄贈

1月15日号

幸福の木が開花

幸福の木が開花 文化

扇町、津田さん宅

1月15日号

日帰りクルマ旅、いかが

市観光協会

日帰りクルマ旅、いかが 文化

小田原巡る4コース紹介

1月15日号

オンラインで学ぶ糖尿病

オンラインで学ぶ糖尿病 教育

「たんぱく質」テーマに講座

1月15日号

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school 教育

1月15日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月15日号

株式会社大盛センイ

ラスカ小田原4階に1月31日(月)まで出店。ブランド『パンツのソムリエ』

http://www.pants-no-sommelier.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook