インターナショナルフローラルアート2018-2019でゴールデンリーフを獲得した 河野 精一朗さん 栄町在住 48歳

掲載号:2018年12月1日号

  • LINE
  • hatena

いなせな花屋

 ○…生を受けたのは小田原きっての生花店・花政。趣味は車にバイク、音楽、サーフィン、ファッション、運動とキリがない。中学は野球、高校では洋楽にハマってバンドを組み、音楽の甲子園で準Vに輝いた。野球選手にベーシスト、レーサー…夢は幾らでもあった。でも、23歳で店に入った。

 ○…運命は、時として否応なしに人を動かす。店に入って数年、父・利光氏が倒れた。当主の嫡男は悩む余地もなく、セリに行った。右も左もわからぬ青二才は、買わねばならぬを買い損ね、あるいは他より高く買い付けて自信喪失。その時、市場の重鎮から「ビビってんじゃねぇ」の一言。何の因果か生まれた家には、花に付加価値を付けて売れるブランド力があった。人に救われ、道を歩き始め、コンテストに出て、かちを欲し、美しさを求め、33歳の時にとびきりの師に「花を教えて下さい」と懇願した。

 ○…この人には「頼れば応えてくれる兄貴」と慕う弟分がいる。「腕がどこまで通用するか挑戦し続ける姿を誇りに思う」と互いに「兄弟」と呼び合う幼馴染がいる。「精一朗が作るもんは綺麗だ。でも面白味がねぇ。どうせやるなら他を周回遅れにするほど飛び抜けろ」とズバッという同級生がいる。同じセンスを持つ建築士は「裏表のない人。あの人は歴とした芸術家」と断言。人柄に、作品に、生き様に魅せられてこの花の周りに人が集まる。

 ○…世界のフラワーデザイナーが欲する栄誉を手にした今、「デザイナーですか?」と問えば「俺は花屋です」と破顔一笑。万人が美しいと思う作品のために得た技術は、昔から花政を愛してくれる人、初めてでも店で買ってくれる人のためにこそ惜しみなく使う。神は細部に宿る。この人が束ねる一輪には、この人が挿す一本には、意味がある。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

秋山 富男さん

金時山に登り続け、11月に6000回目の登頂を記録した

秋山 富男さん

小田原市新屋在住 81歳

12月4日号

黒栁 貴雅さん

プレイパークをつくる会@seishoの代表を務める

黒栁 貴雅さん

小田原市曽比在住 30歳

11月27日号

黒田 寛亮(ひろあき)さん

シマノ契約のプロアングラーとして活動する

黒田 寛亮(ひろあき)さん

小田原市栄町在住 29歳

11月20日号

池田 忠山さん(本名:池田忠正)

小田原俳句協会の会長を務める

池田 忠山さん(本名:池田忠正)

小田原市本町在住 78歳

11月13日号

木下 直人さん

2年ぶりの小田原公演を行う和太鼓集団「鬼太鼓座」メンバーとして活動する

木下 直人さん

小田原市栢山在住 33歳

11月6日号

山口 智さん

湘南ベルマーレの新監督に9月1日付で就任した

山口 智さん

茅ヶ崎市在住 43歳

10月30日号

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook