最高賞作品の書籍化 12月10日 花政の河野さん

社会

掲載号:2018年12月1日号

  • LINE
  • hatena

 市内栄町の生花店・(株)花政の河野精一朗さん=人物風土記で紹介=が最高賞の「ゴールデンリーフ」を受賞した、2年に1度行われるフラワーデザインの写真コンペティション「インターナショナルフローラルアート2018-2019」(主催:出版社Stichting Kunstboek)。その作品集が12月10日に一般発売される予定だ。

 近年の国内最大級のフラワーデザイン競技会「ジャパンカップ」等のために河野さんが制作した4作品が収録されている。作品写真は全て村山誠氏が撮影した。

 河野さんは33歳のときに(株)花阿彌の久保数政氏に師事。「誰が見ても美しいと思える作品」をコンセプトに制作。緻密な細部にこだわり、構造の不思議さを表現した作品が収録されている。

 書籍はハードカバーで288ページ。現在、Amazon他で予約を受け付けている。参考価格は1万408円。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

天守閣に冬の灯火

天守閣に冬の灯火 文化

児童らのちょうちん展示

12月4日号

2年ぶりのコンサート

小田原少年少女合唱隊

2年ぶりのコンサート 文化

クリスマスの曲を披露

12月4日号

人命救助に感謝状

小田原市消防本部

人命救助に感謝状 社会

12月4日号

ジオラマの街で「出発進行」

ヒルトン小田原

ジオラマの街で「出発進行」 文化

クリスマス・トレイン

12月4日号

プロが感じる県西の魅力

プロが感じる県西の魅力 社会

11日(土)にシンポジウム

12月4日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

1・2月対象日が特別料金

12月4日号

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook