企画展を開催する若手木工職人による「いぶき会」の会長を務める 小島 裕平さん 南足柄市在住 29歳

掲載号:2018年12月8日号

  • LINE
  • hatena

寄木に大恋愛中

 ○…地場産業として木工が息づく小田原・箱根。職人を志す若者が憧れる地だ。一方、製品に興味をもつ多くは中高年。「若い世代にも興味をもってほしいけれど、PR方法を考えるのは製品づくりより難しい…」。職人気質の精悍な横顔に弱気がのぞくが、廃れさせないために避けられない課題だ。そこで若手職人のアイデアを結集し、クリスマスをテーマに展示会を企画した。「思い描く世代に届くか。僕らの挑戦です」

 ○…進路に悩んでいた高校3年の頃、ふと家にあった寄木の秘密箱を手にした。「伝統工芸品なのに、仕掛けもあるなんてすごい」。一目惚れだった。早速箱根の土産物店へ出掛け、他の製品を見学。恋心が本物と確認すると、箱根物産連合会の紹介で箱根町の製造所に面接を申し込んだ。「親には訓練校を勧められたけれど、入れるなら入っちゃえ…と」。若さゆえの勢いもあり事はトントン拍子に運んだが、実は人と話すのが苦手。社長を前に緊張で固まった。そこで同席した父親が助け舟を出し、熱意を代弁してくれたおかげで採用が決定した。

 ○…あれから10数年、今なお大恋愛中だ。公園で3歳と5歳の我が子と過ごすのと同じ位、仕事が楽しくて仕方ない。もちろん苦労もあるが、「物事を割り切って考え、受け入れることができるタイプだからかな」。いつも飄々とした様子に、周囲から「ストレスは感じないの?」と不思議がられることもしばしばだ。

 ○…「寄木をファッションにも生かしてみたい。たとえばベルトのバックルとか」。代々継承されてきた技に敬意を払いつつも新たな分野へ挑戦するのは、単なる興味本位ではない。伝統を守るためには、時代に応じた変化が不可欠と信じるからだ。「次の世代へ受け継いでいくこと。それが先達への恩返しだと思うんです」





小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

黒栁 貴雅さん

プレイパークをつくる会@seishoの代表を務める

黒栁 貴雅さん

小田原市曽比在住 30歳

11月27日号

黒田 寛亮(ひろあき)さん

シマノ契約のプロアングラーとして活動する

黒田 寛亮(ひろあき)さん

小田原市栄町在住 29歳

11月20日号

池田 忠山さん(本名:池田忠正)

小田原俳句協会の会長を務める

池田 忠山さん(本名:池田忠正)

小田原市本町在住 78歳

11月13日号

木下 直人さん

2年ぶりの小田原公演を行う和太鼓集団「鬼太鼓座」メンバーとして活動する

木下 直人さん

小田原市栢山在住 33歳

11月6日号

山口 智さん

湘南ベルマーレの新監督に9月1日付で就任した

山口 智さん

茅ヶ崎市在住 43歳

10月30日号

山田 成宣(しげのり)さん

第39代箱根町議会議長に就任した

山田 成宣(しげのり)さん

箱根町在住 50歳

10月23日号

マツダ小田原店

都市型SUVの、上質さと質感にこだわり抜いた特別仕様車「CX-5」デビュー

http://www.mazda-odawara.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook