老朽化進む公共施設 再編計画策定へ 2会場で市民説明会

社会

掲載号:2018年12月22日号

  • LINE
  • hatena

 小田原市はこのほど、公共施設再編基本計画の素案をまとめた。

 高度経済成長期に整備された市の建築物は、全床面積の80%以上が「築30年以上」と老朽化が進行している。すべての建築物を維持すると30年間で約1070億円の財源が不足する見込み。

 策定する再編基本計画は、期間が2019年度〜46年度(28年間)。公共施設の機能・配置の適正化と総量縮減が目的で、公共建築物195施設が対象になる。

 計画を実施しても約500億円の財源が不足する見込み。

 市では素案の市民説明会を開催する。12月26日(水)▽川東タウンセンターマロニエ集会室202、27日(木)▽市民交流センターUMECO会議室1〜3。両会場とも午後7時〜8時30分、定員100人(当日先着順)。いずれも内容は同じ。

 問い合わせは市公共施設マネジメント課【電話】0465・33・1305へ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メンマで「竹害」改善へ

メンマで「竹害」改善へ 社会

製品化に向けチーム結束

10月16日号

野外でチョークアート

野外でチョークアート 文化

ダイナシティで

10月16日号

俳句に挑戦しよう

俳句に挑戦しよう 文化

11月30日まで作品募集

10月16日号

鉄道と人の絆など紹介

鉄道と人の絆など紹介 文化

24日(日)まで資料展

10月16日号

ハルネでテープアート

ハルネでテープアート 文化

参加者を募集中

10月16日号

塔之沢発電所が土木遺産に

塔之沢発電所が土木遺産に 文化

稼働中では県内最古

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook