(PR)

一般内科・消化器内科(胃腸) 医療レポートシリーズ【2】 「冬の急性胃腸炎について」 取材協力/あじさい内視鏡クリニック

掲載号:2018年12月22日号

  • LINE
  • hatena
高田院長(右)とスタッフ
高田院長(右)とスタッフ

 開成町みなみ地区に今秋オープンした『あじさい内視鏡クリニック』。

 高田龍介院長にこの時期に多くみられる急性胃腸炎について話を聞いた。

 ―どのような胃腸炎でしょうか

 「冬の風邪」や「お腹の風邪」ともいわれるもので、ノロウイルスやロタウイルス等による感染性の胃腸炎です。

 ―ノロウイルスの症状などについて

 潜伏期間は24〜48時間で吐き気や嘔吐、下痢、腹痛があります。インフルエンザのように効果のある抗ウイルス剤はないので、対症療法になります。体力があまりない乳幼児や高齢者は注意が必要です。3歳未満と65歳以上の方等は検査に健康保険が適用されます。通常は1〜2日続いた後に治癒していきます。脱水に陥りがちなので、水分をしっかりとって安静にすることが大切です。無理に食べようとせず、お腹がすいてきたら食べるようにしてください。

 ―予防法やここ最近の傾向、お知らせなどは

 手洗いが有効なので励行してください。また、急性胃腸炎での受診が増えてきています。お気軽にご相談ください。当院では季節性インフルエンザワクチン接種も実施しています(50人分追加)。

 ※次回は1月26日号で掲載予定です。

あじさい内視鏡クリニック

足柄上郡開成町みなみ5丁目4番地17

TEL:0465-85-3251

https://ajisaikai.jp/

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のピックアップ(PR)最新6

五感で楽しむ小田原

少人数でゆったりと-、新しい旅のかたち

五感で楽しむ小田原

小田原ツーリズム×オダワラブレイク ミニ体験ツアー開始

3月6日号

ミナカ小田原に保育園

ミナカ小田原に保育園

365日開園 園児募集

3月6日号

簡易組み立てハウス

災害時の備えに自治体、企業で導入進む

簡易組み立てハウス

「イージードームハウス」 エアコン、ベッドも装備可能

3月6日号

事務局移転 17日から稼働

東京地方税理士会 小田原支部

事務局移転 17日から稼働

3月6日号

安心の散骨葬9万円

小田原駅西口

安心の散骨葬9万円

管理費用がない永代供養墓も

3月6日号

就職への第一歩はサポステから

コロナ禍での就活を全力サポート

就職への第一歩はサポステから

3月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク