(PR)

一般内科・消化器内科(胃腸) 医療レポートシリーズ【2】 「冬の急性胃腸炎について」 取材協力/あじさい内視鏡クリニック

掲載号:2018年12月22日号

  • LINE
  • hatena
高田院長(右)とスタッフ
高田院長(右)とスタッフ

 開成町みなみ地区に今秋オープンした『あじさい内視鏡クリニック』。

 高田龍介院長にこの時期に多くみられる急性胃腸炎について話を聞いた。

 ―どのような胃腸炎でしょうか

 「冬の風邪」や「お腹の風邪」ともいわれるもので、ノロウイルスやロタウイルス等による感染性の胃腸炎です。

 ―ノロウイルスの症状などについて

 潜伏期間は24〜48時間で吐き気や嘔吐、下痢、腹痛があります。インフルエンザのように効果のある抗ウイルス剤はないので、対症療法になります。体力があまりない乳幼児や高齢者は注意が必要です。3歳未満と65歳以上の方等は検査に健康保険が適用されます。通常は1〜2日続いた後に治癒していきます。脱水に陥りがちなので、水分をしっかりとって安静にすることが大切です。無理に食べようとせず、お腹がすいてきたら食べるようにしてください。

 ―予防法やここ最近の傾向、お知らせなどは

 手洗いが有効なので励行してください。また、急性胃腸炎での受診が増えてきています。お気軽にご相談ください。当院では季節性インフルエンザワクチン接種も実施しています(50人分追加)。

 ※次回は1月26日号で掲載予定です。

あじさい内視鏡クリニック

足柄上郡開成町みなみ5丁目4番地17

TEL:0465-85-3251

https://ajisaikai.jp/

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のピックアップ(PR)最新6

日中・夜間も接種可

コロナワクチン

日中・夜間も接種可

小田原新幹線クリニック

10月16日号

開放感ある吹き抜けが魅力

積水ハウス

開放感ある吹き抜けが魅力

10月23日(土)・24日(日) 現場見学会

10月16日号

期間限定ユッケをプレゼント

巡礼街道沿い「おいしい馬肉さくら商店」

期間限定ユッケをプレゼント

肉厚でヘルシー、新鮮な馬肉をお試しあれ

10月16日号

仏像を彫ってみませんか

彫刻教室

仏像を彫ってみませんか

山北駅近く「ウッドボイス工房」

10月16日号

1回の採血で部位別に「がんリスク」を判定

小さな学校の大きな冒険

星槎学園高等部湘南校 二宮町

小さな学校の大きな冒険

10月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook