小田原版 掲載号:2019年2月9日号
  • LINE
  • hatena

小田原市 成長著しい若手に期待 かながわ駅伝あす号砲

スポーツ

小田原チームのメンバー
小田原チームのメンバー
 第73回市町村対抗かながわ駅伝競走大会が明日2月10日(日)、秦野市カルチャーパークから県立相模湖公園(参加32チーム・7区間51・5Km)で開催される。午前9時スタート。

 前回は28チーム中7位に終わり、巻き返しを図る小田原市。エントリーメンバーは1区荒谷洋輔選手(白山中2年)、2区辻海里選手(専修大2年)、3区伊東正悟選手(湘南工大附属高2年)、4区椎野莉子選手(泉中1年)、5区鈴木海斗選手(相洋高3年)、6区樽木将吾選手(小田原市役所)、7区三宅翔太選手(秦野市役所)。内田拓希選手、望月和知選手、岡部純選手、菱木悠介選手、大沼摘久実選手が控えに回る。

若手とベテランの結束で狙うは上位進出

 昨年11月の県高校駅伝1区で区間3位の好走をみせ、今年1月のおだわら駅伝でも橘北を初優勝に導いた伊東選手。さらに大学生の辻選手の成長が著しい若手エース候補の2人を、経験豊富な三宅選手、樽木選手のダブルエースが支える。

 また、4区の女子区間を託される椎野選手は昨年、関東大会に出場し、今年のおだわら駅伝でも区間賞を獲得。勢いを維持しており、「すごい選手ばかりでプレッシャーもあるが、自分の走りを見せたい」と闘志を燃やす。チーム目標は「5位以内」。昨年のレース後に安池一公監督がポイントに挙げた「若手の成長」が着実に実っており、上位進出も十分狙える位置につける。樽木、三宅両選手は「若手選手が繋いできてくれる襷を3位以上でゴールさせたい」と口を揃える。

 2月5日に小田原アリーナで行われた結団式には選手、スタッフらが集結。2位となった2013年の過去最高成績を上回る「初優勝」へ向け、一丸になった。安池監督は「一人ひとりの力を十分出し切って大都市に立ち向かいたい」と闘志を燃やした。

小田原版のトップニュース最新6件

400年経て宗家が小田原へ

薙刀術

400年経て宗家が小田原へ

2月16日号

街づくりで総務大臣表彰

街かど博物館

街づくりで総務大臣表彰

2月16日号

若年性認知症へ支援強化

1市3町

若年性認知症へ支援強化

2月9日号

池田忠正さん(本町在住)に栄冠

NHK全国俳句大会

池田忠正さん(本町在住)に栄冠

2月2日号

きょうから梅まつり

込山さんが全国へ

相洋高校柔道部

込山さんが全国へ

1月26日号

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

12代目團十郎さんの衣装展示

12代目團十郎さんの衣装展示

ういろう本店で2月末まで

2月1日~2月28日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク