小田原・箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2019年2月9日号
  • LINE
  • hatena

表現活動をサポート 障害者とアートを語る

文化

日常の様子を語る山下さん
日常の様子を語る山下さん

 重度障害のあるアーティストたちの創作活動を追ったドキュメンタリー映画「地蔵とリビドー」が2月2日に市民会館で上映され、170人が観賞した。上映後には舞台になった滋賀県のやまなみ工房の山下完和施設長が登壇。アート活動を通じて障害がある人の就労を支援するNPO法人アール・ド・ヴィーヴル(久野)の萩原美由紀理事長とアートディレクターの中津川浩章さんと共にアフタートークが行われた。

 世界的に評価を集めるやまなみ工房のアート作品。山下さんは「本人がしたいということを大切にする現場」を求めてきたという。萩原さんも「ここにいていいんだという空気感が大切」と話すと、「作品には直接魂に訴えるものが詰まっている。つくることを全力でサポートしたい」と中津川さん。「障害ということが特別にならない未来をつくっていかなければ」と山下さんは話した。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク