小田原版 掲載号:2019年4月13日号
  • LINE
  • hatena

日本語学ぶ旅に出発 本町の専門学校に16人入学

教育

入学式に臨む留学生ら
入学式に臨む留学生ら

 「LIBERTY小田原日本語学校」(市内本町・倉田雅史理事長)の入学式が、4月8日に市民交流センターUМECOで開催された。

 今回入学した5期生は16人で、ベトナムやタイなど東南アジアの出身者が中心。入学式ではフィリピン人のガブリエルさん(23)が新入生を代表し、「私たちは皆、大学進学や就職のために日本語を学びにきた。これから日本語が上手になるために、長い旅に出ます」と来日前に学習したという日本語であいさつ。会場から大きな拍手が沸き起こった。ガブリエルさんは将来、日本でゲーム業界に就職するのが夢だという。

 同校は県西初の日本語学校として2016年に開校。学生は日本語能力試験合格を目標に約2年かけて語学を学ぶほか、課外授業を通じて日本文化にもふれる。学費や生活費を稼ぐため、学業のかたわらアルバイトとして地元で働く学生も多い。

 開校に至るまでも行政への許認可など難題が山積みだったが、外国人が日本で学び、働くには規制が多く、今もなお受け入れ側としての苦労が多い。しかし、倉田理事長は「学生たちの学ぼうとする意欲に応え、母国との橋渡しをしてあげたい。雇用先として、地域の皆さまにもご協力いただけたら」と話していた。

小田原版のローカルニュース最新6件

〜新しい小田原へ〜

再び20万人都市を目指します!

http://ookawayutaka.jp/

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

連休は映画『金次郎』

読プレ

連休は映画『金次郎』

市民会館5月3日・5日

5月3日~8月10日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク