4月1日から小田原二世会の会長に就任した 大森 大さん (株)大広社代表取締役社長  44歳

掲載号:2019年4月20日号

  • LINE
  • hatena

切り替え上手な頭脳派

 ○…会の名前と反し若手起業者などいわゆる二世でなくてもウェルカム。例会は各方面のプロを招いた座学がある一方、工場など社会見学に出かけることもある。幼保園児を夢の世界に誘う人形劇は、43回継続するメイン事業だ。「上下関係がなくフラットで刺激しあえる仲。純粋に楽しい!」。一言でいえば異業種交流団体。だが聞く側が釣られて笑顔になる程、活動を語る顔には充実感が漂う。55歳での卒業を控えるメンバーが多く「同志を増やしたいですよね」。就任早々課題に直面するも「やっちゃるか」と楽しむ気持ちを忘れない。

 ○…経営する看板製作の会社は父が創業。小学校の卒業文集には、憧れの職業「パイロット」と現実的な将来像「看板屋」の両方を記した。「手のかからない優等生」な長男坊は、幼い頃から漠然と二世の道を意識。大学を卒業後、広告代理店で海外畑を経験し、10年を区切りに小田原へ戻った。人情肌の父と冷静沈着な自分。対称的な性格ゆえの衝突もあったが、円滑な方法を模索する中でいつしか父にも認められる存在に成長した。昨年はビオトピアの看板を手掛け「遠くからでもわかるし見上げる時は感動しますね」と、綻ぶ表情もまたイキイキしている。

 ○…実は「寝る事が特技」。家庭や仕事での些細な揉め事は「99%次の日にスッキリしている」とカラっと笑う。「考える時はきちんと。でもどうにもならない事は寝ておしまい」と切り替えはお手の物のようだ。無類の飛行機好きで、規定数搭乗すると得られる優待会員になるべく、乗り継ぎを繰り返す空旅を敢行するほど。有名なグルメ店巡りにも精を出すなど趣味も多彩。「限られた人生、プラスになる事に使いたいでしょ」。オン・オフのスイッチを使いこなし、いつだって全力投球だ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

加藤 千潮さん

2019年度小田原箱根商工会議所青年部会長に就任した

加藤 千潮さん

小田原市早川在住 47歳

5月18日号

松本 栄一郎さん

小田急電鉄小田原駅長に就任した

松本 栄一郎さん

南鴨宮在住  52歳

5月1日号

細田 常夫さん

40年の市議会議員生活に終止符を打った

細田 常夫さん

小八幡在住  89歳

4月27日号

山本 篤志さん

4月20日に総構を1周歩くイベントを主催した「大外郭の会」代表

山本 篤志さん

平塚市在住 49歳

4月13日号

槙島 正雄さん

東京地方税理士会小田原支部の支部長に就任した

槙島 正雄さん

大磯町在住 61歳

4月6日号

原川 博明さん

4月20日にオープンする小田原城歴史見聞館 NINJA館の管理運営を行う

原川 博明さん

千代在住 56歳

3月30日号

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク