湯河原に新たな防災拠点 コミュニティセンター完成

社会

掲載号:2019年6月22日号

  • LINE
  • hatena
(上)センター外観・(左下)防災用井戸・(右下)最大で350人収容できる会議室
(上)センター外観・(左下)防災用井戸・(右下)最大で350人収容できる会議室

 旧湯河原中学校跡地で建設が進められていた「湯河原町防災コミュニティセンター」がこのほど完成し、6月10日・14日に報道向けの内覧会が行われた。7月1日から一般利用を開始する。

 建物は鉄骨造で地上2階地下1階建。延床面積は1997・21平方メートル。平常時は住民のコミュニティ活動の場となる多目的スペースを7室備え、災害時には災害活動の拠点および260人が収容できる避難所としての機能を持つ。地下の防災倉庫には約1千人が3日間過ごせる食糧や生活用品、発電機、投光器、救出用機材も保管されている。また、屋外には防災用井戸も設けた。

 旧湯河原中跡地、約1万坪についての利活用検討を始めたのは2009年4月。プロジェクトチームで協議を重ね、「地域コミュニティ」と「福祉」「防災」を兼ね備えた施設を設置することに決まった。16年に設計を開始、翌年9月から着工、今年3月に完成した。総事業費は約9憶円。そのうち2千万円を国の補助金で、1千万円を県の補助金で補う。

 同敷地内にあった教育センターは老朽化のため解体され、センター内1階に教育委員会が入所した。来年4月には隣接地にJCHO湯河原病院が完成予定で、3年後には県小田原養護学校分教室の開校も予定されている。

 同センターのコミュニティスペースの貸し出しは7月1日(予約は6月1日から受付中)から開始する。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

自然と調和、新観光名所へ

湯河原町万葉公園

自然と調和、新観光名所へ 経済

リニューアルオープン

5月8日号

新たな学力調査導入

小田原市

新たな学力調査導入 教育

個人の「のび」、意欲に着目

5月8日号

「スーパーシティ」に名乗り

小田原市

「スーパーシティ」に名乗り 社会

国の公募、特区指定目指す

5月1日号

根府川関所址を後世に

根府川関所址を後世に 文化

地元有志が石碑を建立

5月1日号

ちょうちんの灯り再び

市観光協会

ちょうちんの灯り再び 文化

小田原城で新イベント

4月24日号

初のデジタル観光券販売へ

小田原市

初のデジタル観光券販売へ 経済

総額1億3000万円

4月24日号

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter