打てなくても声がある 小田原高野球部 女子部員

スポーツ

掲載号:2019年7月6日号

  • LINE
  • hatena
堀田さん(左)と北原さん
堀田さん(左)と北原さん

 気合を入れる野太い声が響く小田原高校野球部のグラウンドで、束ねた髪の毛をなびかせて白球を追う女子部員がいる。内野手の北原めぐみさん(3年)と外野手の堀田小桃里(ことり)さん(1年)だ。

 野球好きな両親のもとで育った北原さんは、中学に入学すると迷わず野球部の門を叩いた。女子部員はチームで唯一。男子ばかりの環境に抵抗はありながらも、「それ以上に野球をやりたい気持ちが強かった」。

 高校でも監督の誘いを受け、紅一点として入部。高野連の規定で女子は公式戦に出場できないことを知りながらも、「野球ができれば」とその道を選んだ。

 練習メニューは男子と同じ。必死に耐え抜いても試合には出られず、「何のため?」と葛藤を抱く時期があったのも事実だ。だが、そんな時は失敗をカバーしあうチームメートの存在に救われた。

 堀田さんが小学4年で始めた野球を高校で続ける決意をしたのは、受験前に学校見学で訪れた際に目にした北原さんの姿。当時は「高校ではマネージャーかな」と考えていたが、出会いを機に「一緒にやりたい」と目標を定め、受験勉強に励んだ。

 北原さんはまもなく始まる高校生活最後の大会で、記録員としてベンチ入りする。「1年間、この夏のためにやってきた。プレーはできなくても、声をだして貢献したい」
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

檜舞台でヴェール舞う

南鴨宮 尾崎美穂さん

檜舞台でヴェール舞う 文化

狂言師千三郎さんが協力

5月15日号

地元産材トンボ 球児に

報徳の森プロジェクト

地元産材トンボ 球児に スポーツ

スポーツ広場で使用

5月15日号

クールにゆたぽんPR

クールにゆたぽんPR 文化

湯河原町

5月15日号

70周年記念しゴール設置

小田原バスケ協会

70周年記念しゴール設置 スポーツ

上府中公園で新たに1基

5月15日号

Odawara city officials and doctors conducted the first simulation of mass vaccination

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Odawara city officials and doctors conducted the first simulation of mass vaccination 社会

5月15日号

To mourn a futsal player, Shigetaka Hisamitsu

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

To mourn a futsal player, Shigetaka Hisamitsu 文化

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

透明水彩で描く風景画

「楽の会」主宰・鈴木文隆さん

透明水彩で描く風景画

5月19日からNEW新九郎で個展

5月19日~5月24日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter