城北工高 弱点克服で全国切符 投てきの大舘さんと小野さん

スポーツ

掲載号:2019年7月6日号

  • LINE
  • hatena

 男子ハンマー投で55m79をマークし、2年連続でインターハイ出場を決めた小野瑛希さん(3年)=写真右。飛距離を伸ばすうえで無駄な力みは禁物だが、「意外と落ち着いていた」と振り返る。

 リラックス方法は洋楽を聴くこと。目標とする60m越えを達成できれば、昨年果たせなかった決勝進出も見えてくる。

 男子やり投に出場した大舘天(そら)さん(3年)=写真左=は、練習投てきで失敗。大事な本番を前に歩幅のリズムが狂い、「めちゃくちゃあせった」という。しかし、コーチの助言で落ち着きを取り戻すと、自己ベストを更新して5位で全国行きを決めた。

 「緊張しやすい性格」を克服する方法は、試合当日の朝、これまでに練習で学んだことを紙に書き出すこと。初の大舞台で決勝進出ラインの61mをめざす。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

『別堀遺跡群 無御座候(ござなくそうろう)の村』

遺跡探訪シリーズ16刊行 小田原市

『別堀遺跡群 無御座候(ござなくそうろう)の村』 文化

5月8日号

公民連携で電力地域自給

公民連携で電力地域自給 社会

関連企業らが現地視察

5月8日号

足柄ハリケーン県優勝

足柄ハリケーン県優勝 スポーツ

18年ぶり 悲願果たす

5月8日号

「こども風景」

「こども風景」 文化

山田花菜さん個展

5月8日号

中学校ソフトテニス大会

西湘地区

中学校ソフトテニス大会 スポーツ

泉中・千代中が優勝

5月8日号

Carp streamers comfortably swim in the sky in Odawara

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Carp streamers comfortably swim in the sky in Odawara 文化

5月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter