豊島邸 期間限定でブックカフェ 民間に初の貸し出し

文化

掲載号:2019年8月24日号

  • LINE
  • hatena
築78年の豊島邸と実行委員ら(中央が平井代表)
築78年の豊島邸と実行委員ら(中央が平井代表)

 小田原市栄町の日本家屋「豊島邸」を活用したイベント「本ときどきカフェ」が9月10日(火)から23日(月)まで開催される。主催は同実行委員会(平井丈夫代表)。同家屋を民間に貸し出すのは初の試み。

 豊島邸は、箱根町宮ノ下で医院を開業していた故豊島牧四郎氏の元別邸。1941年に建てられ、書院風と数寄屋風の意匠を組み合わせた特色ある木造平屋の歴史的建造物で2015年に小田原市に寄贈された。維持・管理にあたる市では、地域活性化につなげようと民間から事業者を募ってきた。多くの提案が寄せられるも条件等で折り合いがつかず、活用の方針が未定のまま市は今秋から保全を目的とした改修工事をスタートさせることを決定。これを知った、市内のまち歩きなどを企画する「小田原まちセッションズ」を運営している平井代表が「短い期間だけでも、地域で交流できる場を作りたい」と、有志を募り、今回のイベントを企画した。

 期間中は「本とカフェ」をテーマに、市立かもめ図書館の協力で用意した書籍と自家焙煎のコーヒーを提供し、畳敷きの部屋でくつろぐことができる。このほかイラストレーター・たなかきょおこさんによる絵画展や和綴じ本づくりなどのワークショップも予定している。

ネットで支金募る

 今回、建物使用料や光熱費などの資金調達には、クラウドファンディングを活用。インターネットを通して活動を応援したいと思ってくれる人から資金を募っている。

 支援する金額に応じ、豊島邸の絵葉書(たなかきょおこ画)とカフェチケット1枚(1000円コース)など返礼品をプレゼント。目標金額は30万円で現在12万4000円(8月20日時点)で、8月31日まで一般から募る。

 平井代表は「豊島氏の遺志でもある『市民の憩いの場に』という思いを、少しでも実現できたら」と期待する。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

五輪選考資格を獲得

湯河原町出身村上舜さん

五輪選考資格を獲得 スポーツ

WGでアジアトップに

9月21日号

日の丸胸に世界陸上へ

相洋高高島さん

日の丸胸に世界陸上へ スポーツ

混合4×400mR 高校生で唯一

9月21日号

創部初の最高賞

相洋高吹奏楽部

創部初の最高賞 教育

県コンクールで朝日新聞社賞

9月14日号

遠藤さん、佐藤さん107歳

小田原市湯河原町

遠藤さん、佐藤さん107歳 社会

1市3町で最高齢

9月14日号

ラグビーW杯 もうすぐ開幕

ラグビーW杯 もうすぐ開幕 スポーツ

小田原市内で関連イベント

9月7日号

客足減も「限定的」

箱根山噴火警戒

客足減も「限定的」 社会

町、7月調査結果を公表

9月7日号

緞帳のデザイン決定

小田原市民ホール

緞帳のデザイン決定 文化

画家・芳澤一夫さんの作品に

8月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク