旭丘高相撲部 チームになった瞬間 十和田大会で初のメダル

スポーツ

掲載号:2019年9月7日号

  • LINE
  • hatena

 新名学園旭丘高校相撲部が、8月15日に青森県で行われた「第68回全国高校相撲十和田大会」で団体戦3位に入賞。野地嵩良主将(3年)、ムンクジャルガルさん、奥知久さん(共に2年)で挑み、神奈川県勢として同大会初のメダルを獲得した。

    *  *

 関東や全国常連となった同校だが、全国大会団体戦のメダルは、IH個人準優勝の「絶対的存在」がいた昨年でも手にできずにいた。まして今年はそのエースもいない。「今までは先輩についていくだけで良かった。でも自分は引っ張っていけるタイプじゃなくて…」。重圧を背負ったキャプテンは、目標だった団体出場を果たせず、個人戦でも敗れたIH以降「もう頑張れなくなっていた」。旭丘の一員として戦う最後の大会・十和田まで3週間を切った頃、このままでは迷惑をかけるかもしれない―。悩んだ末に岸田光弘監督に「メンバーから外してください」と涙ながらに直訴した。

 だが監督から返ってきた言葉は「それは違う」だった。「お前がいるからチームがまわる、皆安心して戦えるんだ」。そして、後輩が「先輩に最後いい思い出をつくろう」と陰ながら声を掛け合っていることも知った。「燃えない訳がない」。充実の夏合宿を経て自信を取り戻した野地主将は「一勝がより重い」(岸田監督)3人制の先鋒として、土俵にあがった。

 「大会全体の流れも左右する。絶対勝つ」と気迫ある相撲で勢いをつけると、チームは予選を全勝で突破。決勝Tに入っても白星を重ね、準々決勝では高校相撲界東の横綱・埼玉栄高も撃破した。続く海洋高(新潟)に1対2と惜敗するも「あと少しこのチームで相撲がしたい」一心で戦い抜き、銅メダルを掴みとった。

    *  *

 主将に就いた当初は「皆どこか淡々としていてた」。言葉の壁もあり、意思疎通が思うようにいかず口喧嘩も度々起こった。「目線をあわせていけば良いのでは」と、自分なりのキャプテンシーで対話を重ねるうちに芽生えた信頼と絆。今大会、勝つ度に「こっちを見てガッツポーズしてくれる。それだけでジーンとくるものがあった」。

 「どんな状況でも声を出し、背中を叩き、体を温めてくれた。かっこいいキャプテンです」と奥さんが言えば、「今度は負けない相撲で自分が引っ張りたい」と前を向くムンクさん。岸田監督も「一秒も無駄にせず、全員が日々積み重ねてきた。チームとしての成長はこのチームが一番あった」と称える。「同じ歩幅で進み、チームになれたと思う」。穏やかに笑う心優しきキャプテンの首には、歴代チームが成し得なかったメダルが輝いている。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

給食に木の温もりを

市建築事業協同組合

給食に木の温もりを 文化

市内産の椀 小学校に寄贈

1月15日号

幸福の木が開花

幸福の木が開花 文化

扇町、津田さん宅

1月15日号

日帰りクルマ旅、いかが

市観光協会

日帰りクルマ旅、いかが 文化

小田原巡る4コース紹介

1月15日号

オンラインで学ぶ糖尿病

オンラインで学ぶ糖尿病 教育

「たんぱく質」テーマに講座

1月15日号

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school 教育

1月15日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月15日号

株式会社大盛センイ

ラスカ小田原4階に1月31日(月)まで出店。ブランド『パンツのソムリエ』

http://www.pants-no-sommelier.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook