小田原市 古紙リサイクルに一手 新聞回収袋を製作

社会

掲載号:2019年9月14日号

  • LINE
  • hatena
新しく作られた新聞回収袋
新しく作られた新聞回収袋

 家庭からの古紙の回収を促進しようと、このほど小田原市独自の新聞回収袋が製作された。

 紙・布類のごみ収集で連携している小田原市古紙リサイクル事業組合と市自治会総連合、市に、小田原新聞販売店組合を加えた4者による初の取り組み。

 市環境政策課によると2018年度のごみ収集の総量は年間6万9219トン、そのうち紙・布類は9536トンでいずれも減少傾向だが、可燃ごみの中には紙類が分別されずに混ざっていることもあるという。

 古紙リサイクル事業組合・浅野弘人理事長は、回収袋によって収集日までの保管や当日の廃棄がしやすくなるとして、「ごみの減量と資源リサイクル推進のために活用いただきたい」と呼びかける。

 袋は今回15万枚を製作。希望する新聞販売店組合に配られ、順次購読者に提供される。新聞販売店組合・佐藤基組合長は「市のリサイクルの取り組みに協力していきたい」と話している。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

過去の自分からメッセージ

過去の自分からメッセージ 教育

タイムカプセル開封式

1月25日号

多彩な攻撃で県3位

多彩な攻撃で県3位 スポーツ

千代中女子バレー部

1月25日号

楽しい公演支えるレセプショニスト

絵はがきに学ぶ近代の小田原史

絵はがきに学ぶ近代の小田原史 文化

 1月30日UMECOで

1月25日号

町民を守る決意新たに

町民を守る決意新たに 社会

真鶴町で消防出初式

1月25日号

ベルマーレ5位で終幕

大人顔負けの集中力

大人顔負けの集中力 文化

梅の里将棋クラブにちびっこ棋士

1月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月25日号

お問い合わせ

外部リンク