もう一つの全国大会 下村さん(旭丘3)が選抜二段跳に出場

スポーツ

掲載号:2019年9月21日号

  • LINE
  • hatena
支え合った下村さん(左)と谷本さん=大阪で撮影/学校提供
支え合った下村さん(左)と谷本さん=大阪で撮影/学校提供

 旭丘高校陸上部の下村康喜さん(3年)が8月31日、9月1日に大阪で開催された「全国高校陸上競技選抜大会」の男子二段跳に出場した。

 参加標準記録を突破した優秀な競技者が、各種目に必要な能力の向上を図るため、特別に設けられた専門外種目に挑む同大会。二段跳は走高跳・走幅跳・三段跳の各選手が選抜され、競い合った。

 本業の走高跳でIH出場を果たせず、一時気落ちしていた下村さんだが、二段跳に打ち込むうちに「気持ちが前を向けた」。垂直方向へ跳び上がる走高跳と、手足を回転させながら平行方向に飛び出す二段跳。全く異なる競技に悪戦苦闘しながらも、大会直前では9m30前後まで記録を伸ばし、手ごたえも感じて本番を迎えた。

 だが1回目の試技で古傷である踏切の右足を痛めてしまう。「このまま記録が残せないかも」と気弱な考えが頭をよぎった。

 そんな時、真っ先に氷を買いに走り「頑張れよ」と側で手当てしたのが谷本健瑠さん(3年)だった。2人は入学以来、ウサギとカメのように競いあってきた仲。自分が成し得なかったIH出場を叶えた谷本さんが今度は全国に挑む自分のサポートに徹してくれる―。「おかげでまた動けるようになった」下村さんは痛みを堪えながら2回目で8m57をマーク。大阪の地で確かな記録を刻んだ。

 「3年間ずっと一緒で、いつしかライバルになっていった」と振り返った下村さん。宮川雅道顧問は「タイプの異なる2人でいたから高め合っていけた」と目を細める。舞台は違えど、目標の全国にそれぞれ立ち、切磋琢磨を続けた2人の挑戦は幕を閉じた。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

給食から育む郷土愛

給食から育む郷土愛 文化

展示でみる小田原市の学校給食

1月29日号

大量調理 高校生に伝授

崎村調理師専門学校

大量調理 高校生に伝授 教育

吉田島高と授業で連携

1月29日号

城北工高生がロゴデザイン

西湘バイパス

城北工高生がロゴデザイン 社会

全線開通50周年で

1月29日号

平塚は4・83倍

県立中等教育学校入試倍率

平塚は4・83倍 教育

1月29日号

「梅の花を満喫して」

「梅の花を満喫して」 文化

2月5〜27日、梅まつり

1月29日号

イケメンパネルでPR

イケメンパネルでPR 文化

下曽我商工振興会が制作

1月29日号

あっとほーむデスク

  • 1月29日0:00更新

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook