「聯(れん)」が9回目の大賞 小田原えっさホイおどり

文化

掲載号:2019年9月21日号

  • LINE
  • hatena
大賞に輝いた聯の演舞。テーマは「気志快晴」
大賞に輝いた聯の演舞。テーマは「気志快晴」

 華やかな衣装をまとい、鳴子を鳴らし「エッサホイサッサー」の掛け声をあげながら華麗に舞う。第21回小田原えっさホイおどりが9月14日と15日、小田原城址公園や周辺で開催された。

 市内外から40チームが集い、1日目のコンテストにはそのうち26チームが出場。持ち時間5分以内で、「天真爛漫」「恋華」などそれぞれのテーマに合わせた踊りをステージ上で繰り広げた。

 審査の結果、大賞は小田原市の「聯(れん)」。チーム名が読み上げられた瞬間、メンバーは歓声を上げ3年ぶり9回目の栄冠を抱きあって喜んだ。準大賞には千葉県の「鴉(からす)」と横浜市の「K―one動流夢(ケーワンドリーム)」が選ばれた。

 その他の受賞チームは次の通り。小田原市観光協会賞/聯坊童子、小田原箱根商工会議所会頭賞/躍動、小田原市長賞/さがみ信用金庫 翔舞、FMおだわら賞/えにし、1minute projection mapping賞/疾風乱舞、小田原箱根YEG賞/踊って弥雷!、実行委員会特別賞(2チーム)/Splash Monkies、よさこい舞友伝 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

給食に木の温もりを

市建築事業協同組合

給食に木の温もりを 文化

市内産の椀 小学校に寄贈

1月15日号

幸福の木が開花

幸福の木が開花 文化

扇町、津田さん宅

1月15日号

日帰りクルマ旅、いかが

市観光協会

日帰りクルマ旅、いかが 文化

小田原巡る4コース紹介

1月15日号

オンラインで学ぶ糖尿病

オンラインで学ぶ糖尿病 教育

「たんぱく質」テーマに講座

1月15日号

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school 教育

1月15日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月15日号

株式会社大盛センイ

ラスカ小田原4階に1月31日(月)まで出店。ブランド『パンツのソムリエ』

http://www.pants-no-sommelier.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook