内閣府から社会参加章を受章した「シニアネットワークおだわら&あしがら」で代表理事を務める 安藤 和幸さん 小田原市城山在住 69歳

掲載号:2019年10月12日号

  • LINE
  • hatena

輝くシニアの世話人

 ○…東京都職員として、往復4時間かけて都内へ通勤していた現役時代。定年退職後、「寝るために帰る場所」と化していた小田原で過ごす時間が増えると、ふと寂しさを覚えた。地元とのつながりがない――。2015年に同窓会で再会した小田原高校の旧友らも、抱く思いは同じ。セカンドライフを迎えた世代が地元でいきいきと過ごせる機会を提供しようと動き出し、「シニアネットワークおだわら&あしがら」(SNOA)を設立した。

 ○…メンバーは現在150人で平均年齢70代。学生の学習支援や酒匂川土手の芝桜の手入れなど、仕事で培った経験や趣味を生かして活動に精を出す。早川の耕作放棄地でミカンを育てる「みかん農園プロジェクト」では、摘果した果実で横浜の業者がドレッシングを製造するなど活動の幅は広がる。人生100年時代と言われる昨今。「現役と老後の長さは今や同じ。だからこそ生きがいをもつことは大事」。活動を通じ、独居高齢者に外出を促すのが目下の目標だ。

 ○…30代の頃、富士山を撮りたい一心で始めたカメラ。週末になれば関東甲信を中心とした撮影スポットに向け、夜通し車を走らせた。「早めに到着したら、朝日が昇るまで静かに待つのも楽しみ」。都会の喧騒を離れた大自然で迎える夜明けに、心が解き放たれる思いがした。被写体は主に自然風景。脳裏に焼き付くのは、長野県の栗の原生林で遭遇した雨氷だ。

 ○…「あの頃は仕事に生きるのが当然の世の中。子育ても日曜しか関われなくて」。多忙を極めた現役時代を振り返るが、SNOAの代表理事を1月に継ぎ、忙しい日々は相変わらず。「ミカン畑は手入れしても、自宅の庭は草ぼうぼう。妻に何と思われていることか…」。苦笑しながらも、その横顔には充実ぶりが伺えた。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

浅沼 宇雄(たかお)さん

第5回全国豆腐品評会で銀賞をとった「とうふ・生ゆば湯河原十二庵」の店主

浅沼 宇雄(たかお)さん

湯河原町在住 44歳

11月16日号

星崎 陽子さん

ミスなでしこ日本2019の神奈川県代表に選ばれた

星崎 陽子さん

小田原市役所職員 34歳

11月9日号

佐々木 健策さん

学芸員として小田原城天守閣の企画展を担当する

佐々木 健策さん

小田原城総合管理事務所 勤務 45歳

11月2日号

青木 健(たけし)さん

真鶴町議会の議長に就任した

青木 健(たけし)さん

真鶴町岩在住 67歳

10月26日号

石川 栄さん

箱根町議会の議長に就任した

石川 栄さん

箱根町仙石原在住 79歳

10月19日号

正井 尊(たかし)さん

清閑亭で個展を行う画家

正井 尊(たかし)さん

小田原市城山在住 38歳

10月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク