小田原のスケッチが切手に 1000シート限定で販売

経済

掲載号:2019年10月12日号

  • LINE
  • hatena
風景や建物が描かれた「小田原さんぽ」
風景や建物が描かれた「小田原さんぽ」

 日本郵便株式会社南関東支社が10月10日、オリジナル フレーム切手「小田原さんぽ」の販売を開始。小田原文学館や諏訪の原公園からの眺望、老舗の日本料理店、蒲鉾店、銭湯などが描かれている。

 イラストは小田原市本町在住のイラストレーター、たなかきょおこさん(39)の作品。酒匂郵便局の川瀬潤(ゆたか)局長が市のホームページでたなかさんを知り、やさしい色彩に惚れ込み直接打診をしたという。小田原を題材にしたフレーム切手の取り組みは7回目だが、イラストを採用するのは初めて。

 たなかさんは旅行で訪れたのを機に小田原を気に入り、2年前に移住。これまでに描いた小田原の風景や建物は100点以上に及ぶ。その中から四季と色のバランスを考慮して10枚が選ばれた。

 企画した郵便局長らとたなかさんは10月7日日、加藤憲一市長を訪問し切手を贈呈。加藤市長は「好きな景色が愛おしいものになる。日本中、世界中に届くと思うと、うれしくなる」と話した。記念切手を好んで使うというたなかさんは「自分の絵が切手になるなんて」と笑顔をみせ、川瀬局長は「すぐに売り切れるのでは」と期待を寄せた。

 「小田原さんぽ」は県西2市8町の55の郵便局と東京中央郵便局で、1000シート限定で販売中。84円切手が10枚で、税込1600円。

加藤市長に切手を贈呈するたなかさん(右)と郵便局長ら
加藤市長に切手を贈呈するたなかさん(右)と郵便局長ら

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

宇津木妙子さん 熱血指導

元日本代表監督

宇津木妙子さん 熱血指導 スポーツ

ソフトボールサミット

12月7日号

中河与一を偲ぶ

中河与一を偲ぶ 文化

 東泉院で夕顔忌

12月7日号

全国のお城が大集合

全国のお城が大集合 文化

 12月21日・22日、横浜で

12月7日号

災害時に相互協力

災害時に相互協力 社会

JC、町、社協が協定

12月7日号

ツリーと記念写真

ツリーと記念写真 経済

25日まで 強羅公園

12月7日号

開けて楽しいおすすめ本袋

いまなお残る流木、ごみ

台風19号

いまなお残る流木、ごみ 社会

酒匂川土手や海岸に散乱

12月7日号

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク