安藤穂弦さんに文科大臣賞 伊勢神宮奉納書道展で

文化

掲載号:2019年11月2日号

  • LINE
  • hatena
授与された盾を手にする安藤さん
授与された盾を手にする安藤さん

 伊勢神宮内宮で11月4日まで開催中の「第58回 伊勢神宮奉納書道展」で、小田原市小台在住の安藤穂弦(すいげん)(本名・まゆみ)さん(50)が、最高賞である文部科学大臣賞に輝いた。

 国内外の書道愛好家たちの作品が一堂に会する同展。安藤さんが参加したのは、「競書の部」のうち大学生や一般を対象とした部門(半紙)で、応募総数は1108点に上った。

 出品したのは、中国にかつて存在した国「北魏」(386―534年)の石盤に刻まれた「造像記」(仏像制作時などに製造の由来などを記したもの)にある言葉を臨書した作品=写真下。審査の結果、石盤の文字の特徴を捉えた巧みな筆致が高く評価された。

 「受賞の連絡を受けたとき、何かの間違いではないかと思うほど驚いた」と安藤さん。「『継続は力なり』というように、一つのことを長く続けていると良いことがあるんだな」と喜びを語った。

母の勧めで出合った書道

 小田原市に生まれ育ち、書道との出合いは小学1年のときだった。「自分の名前をきれいに書けるように」との母の勧めで地域の書道教室に通い始めると「書き手の心情が投影され、二度と同じものは書けない」という書の魅力にのめり込んだ。

 現在では、夫と2人で内装業を営む傍ら「昴書道会」に所属し、多忙な中でも半紙と向き合う。また今年は、書道を習うきっかけをくれた両親の金婚式を記念し、感謝の言葉をしたためた書作品を贈呈。2人の嬉しそうな笑顔は一生の宝物だという。

 「思い通りにいかないこともあるが、ともに練習に励む仲間がいるおかげで続けてこられた。これからも腕を磨いていきたい」と話している。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

ママ友が販路拡大に一役

はなぞのマルシェ

ママ友が販路拡大に一役 社会

地元店商品オンラインで

12月4日号

60周年で記念公演

小田原吹奏楽研

60周年で記念公演 文化

12月12日、三の丸ホールで

12月4日号

未利用・低利用魚で新商品

小田原地魚利活用2団体

未利用・低利用魚で新商品 文化

12月から販売開始

11月27日号

「2・26事件」資料館 後世に

光風荘保存会

「2・26事件」資料館 後世に 社会

風雨で損傷、維持に奮闘

11月27日号

DQ(ドラクエ)ウォークとコラボ

小田原城天守閣

DQ(ドラクエ)ウォークとコラボ 文化

フォトスポットと御城印

11月20日号

佐藤心結さんプロ合格

ゴルフ

佐藤心結さんプロ合格 スポーツ

市長表敬「目標は賞金王」

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook