除菌クロスでインフル防止 富士フイルム 中学校に寄贈

社会

掲載号:2019年11月9日号

  • LINE
  • hatena
机を拭く保健委員(酒匂中)
机を拭く保健委員(酒匂中)

 インフルエンザの流行シーズンを迎え、小田原市ではすべての市立中学校で新たな取り組みを始めている。

 富士フイルム(株)が開発した、インフルエンザの感染予防対策に効果があるという「HydroAg+」のアルコールクロスとスプレーを利用したものだ。ウイルスを除菌するだけでなく乾燥後も除菌性が持続する特徴がある。昨シーズンは酒匂中学校で使用されインフルエンザ発症者が3割ほど減少。これを受け全校での導入となった。

 酒匂中学校では保健委員が放課後に毎日、教室の机の盤面と椅子、出入口の扉の取っ手などをクロスで拭いている。2年生の渡邉瞬さんと岩本歩美さんは、「去年も病気で休む人が減ってやりがいがある」「この取り組みでインフルエンザになる人が少なくなれば嬉しい」と話した。

 10月25日に同社メディカルシステム事業部から市への贈呈式が行われた。出席した市教育委員会の栢沼行雄教育長は「受験を控えた中学生の体調管理は重要」と話し感謝を述べた。同商品の寄贈は、近隣の真鶴中学校や湯河原中学校などにも予定されている。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

「バイクの聖地」で安全教室

小田原警察署

「バイクの聖地」で安全教室 社会

ターンパイクで死角体験

9月26日号

ベスト8で秋終幕

 相洋高野球部

ベスト8で秋終幕 スポーツ

9月26日号

「全生徒にPC」準備進む

「全生徒にPC」準備進む 教育

GIGA構想、県西でも

9月26日号

牧島氏、自民党青年局長に

牧島氏、自民党青年局長に 政治

女性初、9月末就任へ

9月26日号

豪州との交流 引き続き

豪州との交流 引き続き 文化

小田原市 小中学生の動画を作成

9月26日号

尊徳たたえる歌謡祭

尊徳たたえる歌謡祭 文化

10月3日 懐メロも

9月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月26日号

お問い合わせ

外部リンク