除菌クロスでインフル防止 富士フイルム 中学校に寄贈

社会

掲載号:2019年11月9日号

  • LINE
  • hatena
机を拭く保健委員(酒匂中)
机を拭く保健委員(酒匂中)

 インフルエンザの流行シーズンを迎え、小田原市ではすべての市立中学校で新たな取り組みを始めている。

 富士フイルム(株)が開発した、インフルエンザの感染予防対策に効果があるという「HydroAg+」のアルコールクロスとスプレーを利用したものだ。ウイルスを除菌するだけでなく乾燥後も除菌性が持続する特徴がある。昨シーズンは酒匂中学校で使用されインフルエンザ発症者が3割ほど減少。これを受け全校での導入となった。

 酒匂中学校では保健委員が放課後に毎日、教室の机の盤面と椅子、出入口の扉の取っ手などをクロスで拭いている。2年生の渡邉瞬さんと岩本歩美さんは、「去年も病気で休む人が減ってやりがいがある」「この取り組みでインフルエンザになる人が少なくなれば嬉しい」と話した。

 10月25日に同社メディカルシステム事業部から市への贈呈式が行われた。出席した市教育委員会の栢沼行雄教育長は「受験を控えた中学生の体調管理は重要」と話し感謝を述べた。同商品の寄贈は、近隣の真鶴中学校や湯河原中学校などにも予定されている。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

宇津木妙子さん 熱血指導

元日本代表監督

宇津木妙子さん 熱血指導 スポーツ

ソフトボールサミット

12月7日号

中河与一を偲ぶ

中河与一を偲ぶ 文化

 東泉院で夕顔忌

12月7日号

全国のお城が大集合

全国のお城が大集合 文化

 12月21日・22日、横浜で

12月7日号

災害時に相互協力

災害時に相互協力 社会

JC、町、社協が協定

12月7日号

ツリーと記念写真

ツリーと記念写真 経済

25日まで 強羅公園

12月7日号

開けて楽しいおすすめ本袋

いまなお残る流木、ごみ

台風19号

いまなお残る流木、ごみ 社会

酒匂川土手や海岸に散乱

12月7日号

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク