花咲く小田原勢 フラワーデザイン競技会で入賞

文化

掲載号:2019年11月9日号

  • LINE
  • hatena
河野さんの作品(左)と椿さんの作品 ©photographer Macoto Murayama
河野さんの作品(左)と椿さんの作品 ©photographer Macoto Murayama

 横浜で10月に開かれたかながわ花フェスタ21。花にまつわるさまざまな展示が行われる中、2つのフラワーデザイン競技会が実施され、小田原の(株)花政の河野精一朗さん(49)と椿尚美さん(40)、西湘高校の小山愛梨さん(16)がそれぞれ入賞した。

ハナマサW快挙

 日本最大級の競技会「ジャパンカップ」への出場をかけた神奈川ブロック代表選考会で、椿さんは3位に輝き、本大会への切符を獲得した。

 持ち込み作品による予選を経て、ファイナルでは上位通過者が即興で花束とテーブルアレンジを創り上げる。椿さんは「応援花」がテーマの予選に、V字のフレームに紅白の花をあしらった作品を出品。スチールグラスを扇状に挿すことで声援が飛び交うような「応援合戦」を表現し、1位通過した。ファイナルでは花器を巧みに配置し、ガーベラの赤、白いアナスタシア、グリーンカーネーションの「黄金比」を意識したテーブルアレンジで高評価を得て、3位をつかみとった。

 ※   ※   ※

 県最大級の「クイーンズカップ」に出場した河野さんは「enjoy」をテーマにした予選で、コスモス等を挿した土台が石の上に不安定に立つ作品で挑んだ。カフェで興じたロックバランシングからヒントを得て「アンバランスな面白さを表現できた」と3位で予選を突破。ハロウィンをテーマにしたファイナルでは、ジャックオランタンの口をイメージしたユニークな作品を創り上げ、準優勝を果たした。

 「自分は0から1を生み出し(椿さんは)1を10にできる凄さがある」と河野さんが評するように2人は師弟であり、ライバルであり、良きパートナー。「綺麗の表現の仕方はそれぞれ。これからも磨き合っていければ」と顔を見合わせ、笑った。

初代王者に小山さん

 新設されたクイーンズカップの学生部門で、小山さんは初代王者に輝いた。予選の持ち込み作品では、宝物を集めた鳥の巣を表現。幼少期からフラワーアレンジを習ってきたが、評価を受けるのは初めてといい「緊張して手が震えていたが、悔いなくできたので良かった。賞が取れてうれしい」とはにかむ。花の魅力を「形や匂い、楽しみ方が沢山あってワクワクする」と語り、「これからも花に携われたら」と笑顔を見せた。

河野さん(左)と椿さん
河野さん(左)と椿さん
小山さんと鳥の巣を表現した作品
小山さんと鳥の巣を表現した作品

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

移転・改称し敷地も拡大

国府津駅前郵便局

移転・改称し敷地も拡大 社会

建物のバリアフリー化も

3月28日号

特殊詐欺を未然に防止

特殊詐欺を未然に防止 社会

静中小田原支店に感謝状

3月28日号

新たに2店舗を認定

箱根町

新たに2店舗を認定 経済

景観まちづくり協力店

3月28日号

50年来の縁で寄贈

50年来の縁で寄贈 社会

潮音寺からフードバンクへ

3月28日号

ケーブルカー、運行を再開

ケーブルカー、運行を再開 社会

強羅駅─早雲山駅

3月28日号

「シンプルな葬儀」専門施設

西湘地区で唯一

「シンプルな葬儀」専門施設 文化

3月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月28日号

お問い合わせ

外部リンク