ホーム城山でつないだ絆 相洋が3位入賞、関東へ

スポーツ

掲載号:2019年11月9日号

  • LINE
  • hatena
(上)レースを終え笑顔の相洋勢
(上)レースを終え笑顔の相洋勢

 都大路への挑戦権をかけた「神奈川県高校駅伝競走大会」が11月2日、城山競技場で行われ、相洋高校が2時間8分26で3位に入った。

 台風19号の影響で例年の丹沢湖周辺ロードレースから、襷をつながず、各区決められた距離(周数)を走り、全7区の合計タイムで競うトラックレースに急遽切り替えて実施された県予選会。相洋にとって城山競技場は、普段から練習を行うホームグラウンド。「襷をつなげないのは残念だがアドバンテージになる」。全員でさっぱりと坊主頭にまとめ、前日は学校に泊まりこみ、気持ちを一つにして決戦の朝を迎えた。

 1区を出場校55校中区間8位でスタートすると、2〜4区も好順位をキープ。関東大会出場圏内の6位以内につけながら迎えた5区では、石塚颯太さん(2年)が前を行く選手と接触、巻き込まれ転倒してしまうアクシデントに見舞われるも、「焦っても無駄。一秒を縮めていこう」と必死に食らいつき、残り2区間にすべてを託した。

怪物ぶり発揮

「皆で走れて楽しい」。800mの日本王者で、中距離を主戦場としながら、駅伝にも参戦してきたクレイアーロン竜波さん(3年)が6区に登場。「チームのためにどれだけタイムを出せるか」と、号砲と同時に飛び出すと、後続を突き放して独走。初めて走る5000mを物ともせず、独壇場のレースで会場を沸かせ、区間賞の走りでチームを4位へと引き上げた。

 最終7区でも粘りをみせた相洋は、昨年から一つ順位を上げる3位でフィニッシュ、関東大会への出場権を獲得した。各県の1位校を除く最上位になれば、地区代表として都大路を走るチャンスはまだ残されている。もう一度、襷をつなぐ喜びを感じるために「関東でも出し切っていきたい」(高瀬凪主将)と前を向いた。
 

(下)会場の度肝を抜いたクレイさん
(下)会場の度肝を抜いたクレイさん

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

天守閣に冬の灯火

天守閣に冬の灯火 文化

児童らのちょうちん展示

12月4日号

2年ぶりのコンサート

小田原少年少女合唱隊

2年ぶりのコンサート 文化

クリスマスの曲を披露

12月4日号

人命救助に感謝状

小田原市消防本部

人命救助に感謝状 社会

12月4日号

ジオラマの街で「出発進行」

ヒルトン小田原

ジオラマの街で「出発進行」 文化

クリスマス・トレイン

12月4日号

プロが感じる県西の魅力

プロが感じる県西の魅力 社会

11日(土)にシンポジウム

12月4日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

1・2月対象日が特別料金

12月4日号

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook