20周年で記念式典 広域一般廃棄物事業協同組合 「温暖化対策に向け 挑戦を」

社会

掲載号:2019年11月30日号

  • LINE
  • hatena
式辞を述べる鈴木理事長
式辞を述べる鈴木理事長

 主に県西地域の一般廃棄物処理事業者で組織する「広域一般廃棄物事業協同組合」(鈴木茂理事長)が今年、設立から20周年を迎え、11月19日、湯本富士屋ホテルで記念式典を行った。

 会場には同組合関係者のほか、小田原市の加藤憲一市長ら近隣地域の首長、地元選出の議員など約100人が出席。鈴木理事長は「県西部の特性を理解した組合組織が必要だった」と、20年前に同組合が発足した経緯を振り返った。また「一般廃棄物の処理は、地球温暖化対策の重要な要素。次の20年は挑戦の時期と考えている」と抱負を述べた。

 加藤市長は「20年にわたり、市民生活に欠かせない仕事を担ってもらっている。結束を一層強めてほしい」と語った。

知ってますか?課題3本柱

財政危機、市立病院再建、防災・・・小田原の未来を語り合う

https://odawara-mirai.com

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

宇津木妙子さん 熱血指導

元日本代表監督

宇津木妙子さん 熱血指導 スポーツ

ソフトボールサミット

12月7日号

中河与一を偲ぶ

中河与一を偲ぶ 文化

 東泉院で夕顔忌

12月7日号

全国のお城が大集合

全国のお城が大集合 文化

 12月21日・22日、横浜で

12月7日号

災害時に相互協力

災害時に相互協力 社会

JC、町、社協が協定

12月7日号

ツリーと記念写真

ツリーと記念写真 経済

25日まで 強羅公園

12月7日号

開けて楽しいおすすめ本袋

いまなお残る流木、ごみ

台風19号

いまなお残る流木、ごみ 社会

酒匂川土手や海岸に散乱

12月7日号

小田原の未来をつくる会

「もったいないよ小田原」今の小田原土俵際 もうまったなし 

https://odawara-mirai.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク