20周年で記念式典 広域一般廃棄物事業協同組合 「温暖化対策に向け 挑戦を」

社会

掲載号:2019年11月30日号

  • LINE
  • hatena
式辞を述べる鈴木理事長
式辞を述べる鈴木理事長

 主に県西地域の一般廃棄物処理事業者で組織する「広域一般廃棄物事業協同組合」(鈴木茂理事長)が今年、設立から20周年を迎え、11月19日、湯本富士屋ホテルで記念式典を行った。

 会場には同組合関係者のほか、小田原市の加藤憲一市長ら近隣地域の首長、地元選出の議員など約100人が出席。鈴木理事長は「県西部の特性を理解した組合組織が必要だった」と、20年前に同組合が発足した経緯を振り返った。また「一般廃棄物の処理は、地球温暖化対策の重要な要素。次の20年は挑戦の時期と考えている」と抱負を述べた。

 加藤市長は「20年にわたり、市民生活に欠かせない仕事を担ってもらっている。結束を一層強めてほしい」と語った。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

「バイクの聖地」で安全教室

小田原警察署

「バイクの聖地」で安全教室 社会

ターンパイクで死角体験

9月26日号

ベスト8で秋終幕

 相洋高野球部

ベスト8で秋終幕 スポーツ

9月26日号

「全生徒にPC」準備進む

「全生徒にPC」準備進む 教育

GIGA構想、県西でも

9月26日号

牧島氏、自民党青年局長に

牧島氏、自民党青年局長に 政治

女性初、9月末就任へ

9月26日号

豪州との交流 引き続き

豪州との交流 引き続き 文化

小田原市 小中学生の動画を作成

9月26日号

尊徳たたえる歌謡祭

尊徳たたえる歌謡祭 文化

10月3日 懐メロも

9月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月26日号

お問い合わせ

外部リンク