「自分ごと」としてトライ おだわらSDGs 37団体が登録

社会

掲載号:2019年11月30日号

  • LINE
  • hatena
木製の登録証をもつパートナー企業等
木製の登録証をもつパートナー企業等

 国連が定めた持続可能な開発目標「SDGs(エスディージーズ)」の達成に向け、小田原市と共に取り組む企業等をパートナー登録する「おだわらSDGsパートナー制度」が新たに創設された。その登録式が11月26日、小田原市役所で開かれた。

 第1期となる今回は、審査を通過した企業、大学、法人等37団体が登録。加藤憲一小田原市長から小田原産の間伐材を使った木製の登録証が交付された。

 またこの日は、神奈川県でのSDGsへの取り組みが紹介されたほか、小田原市としての普及への展開についても説明があり、「地域の一人ひとりが『自分ごと』として、SDGsへの理解を深めていくことが大切」と訴えていた。加藤市長は「民間の方が感度が高く、すでに具体的に取り組んでいる企業も多い。民間と行政が連携し、未来に向けて持続可能な地域社会を作っていきたい」と話した。

 今後は、民間を主体とする「おだわらSDGs実行委員会」とパートナー企業・団体等と連携し、2021年度までの3カ年を重点期間とし、冊子や地域メディア、SNSなどを通じた普及・啓発に取り組んでいく。第2期のパートナー募集は20年2月を予定している。

知ってますか?課題3本柱

財政危機、市立病院再建、防災・・・小田原の未来を語り合う

https://odawara-mirai.com

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

宇津木妙子さん 熱血指導

元日本代表監督

宇津木妙子さん 熱血指導 スポーツ

ソフトボールサミット

12月7日号

中河与一を偲ぶ

中河与一を偲ぶ 文化

 東泉院で夕顔忌

12月7日号

全国のお城が大集合

全国のお城が大集合 文化

 12月21日・22日、横浜で

12月7日号

災害時に相互協力

災害時に相互協力 社会

JC、町、社協が協定

12月7日号

ツリーと記念写真

ツリーと記念写真 経済

25日まで 強羅公園

12月7日号

開けて楽しいおすすめ本袋

いまなお残る流木、ごみ

台風19号

いまなお残る流木、ごみ 社会

酒匂川土手や海岸に散乱

12月7日号

小田原の未来をつくる会

「もったいないよ小田原」今の小田原土俵際 もうまったなし 

https://odawara-mirai.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク