台風19号 いまなお残る流木、ごみ 酒匂川土手や海岸に散乱

社会

掲載号:2019年12月7日号

  • LINE
  • hatena
ゴミ拾いをする3人。枝の隙間に発泡スチロールが見える
ゴミ拾いをする3人。枝の隙間に発泡スチロールが見える

 大きな被害をもたらした台風19号。酒匂川や海岸には、発生から2カ月近くたった今も大量の流木やプラスチックごみが残っている。

 11月30日に酒匂川河口近くの海岸でゴミ拾いをしていたのは最勝寺朋子さん(30)と田村タナンさん(26)、天野忠明さん(78)。市民講座「おだわら市民学校」で環境について学んでいる最勝寺さんは、台風通過後に自宅近くの川沿いの土手でゴミ拾いを始めたという。田村さんは最勝寺さんの呼びかけに応じて、参加。天野さんは「酒匂海岸保護の会」としてハマボウなど海岸の植物を保護する活動を行っており合流した。

 海岸の枯れ草や打ち上げられた流木の隙間には、ペットボトルや発泡スチロールの破片が散乱。放置しておくとさらに細かくなり、海に流れて海洋プラスチックごみになってしまうという。3人は手作業で3〜7cmほどの細かなごみを拾っていったが、回収できたのは全体から見ればわずかな部分だ。

 最勝寺さんは「ふるさとが汚れたままになっているのは悲しい」といい、今後清掃を毎月1回程度続けていく考え。次回は12月14日(土)午前8時半〜10時半に白鷗中学校横の河原を予定している。集合場所は白鷗中正門前。
 

台風19号直後の海岸の様子
台風19号直後の海岸の様子

時期リーダー候補者へ提言

未来会議参加者のべ268名、1234意見をまとめました

https://odawara-mirai.com

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

ダイナシティで冬の星空観察

ダイナシティで冬の星空観察 社会

プラネタリウム登場

1月25日号

多彩な攻撃で県3位

多彩な攻撃で県3位 スポーツ

千代中女子バレー部

1月25日号

楽しい公演支えるレセプショニスト

絵はがきに学ぶ近代の小田原史

絵はがきに学ぶ近代の小田原史 文化

 1月30日UMECOで

1月25日号

町民を守る決意新たに

町民を守る決意新たに 社会

真鶴町で消防出初式

1月25日号

ベルマーレ5位で終幕

大人顔負けの集中力

大人顔負けの集中力 文化

梅の里将棋クラブにちびっこ棋士

1月25日号

知ってますか?課題3本柱

財政危機、市立病院再建、防災・・・小田原の未来を語り合う

https://odawara-mirai.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月25日号

お問い合わせ

外部リンク