箱根駅伝 若手に応援の襷つなぐ 「こやわた会」来年も存続

社会

掲載号:2019年12月21日号

  • LINE
  • hatena
準備を進める新旧運営メンバー
準備を進める新旧運営メンバー

 箱根駅伝を地域一丸となって応援してきた、小田原市小八幡の「こやわた会」。地域有志による運営メンバーの高齢化により今年2月に一度は解散したが、復活を望む声も多く若手に活動を継承することとなった。

 こやわた会は国道1号線「小八幡3丁目」信号付近で15年間にわたり、出場大学すべての応援旗を掲げてランナーに声援を送り続けてきた。運営メンバーの懇親会で集めた資金を活用し、応援に集まった人たちに餅や豚汁を振る舞っており、年始の地域の交流の場ともなっている。

 新たに「小田原こやわた会」として活動を継承するのは、同地区に暮らす杉崎俊之さん(41)ら若手有志10人。4児の父親でもある杉崎さんは「災害時など地域のつながりが大事になる。子どもたちのコミュニティが少なくなってきている時代、地域を盛り上げていきたい」と決意を話す。一方、長年会長を務めてきた平野富久さん(68)は、「地域の人たちが知り合える機会。取り組みが継続できてうれしい」と喜んだ。

 応援は1月2日(木)は午前10時から、3日(金)は午前9時からで、両日ともに全選手通過まで。餅つき、豚汁振る舞い、お菓子つかみも行われる。2日のみ、小八幡祭囃子保存会による演奏もあり。(問)【電話】080・2112・0912

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

「高潮浸水」想定図を初作成

小田原市

「高潮浸水」想定図を初作成 社会

区域、水深を明示

9月11日号

コロナ 自宅療養者をケア

コロナ 自宅療養者をケア 社会

医師会、看護師ら連携

9月11日号

小田原三の丸ホールが開館

小田原三の丸ホールが開館 文化

9月5日 記念事業も

9月4日号

コロナ対策に約11億円

小田原市9月補正予算

コロナ対策に約11億円 政治

デジタル整備、商品券など

9月4日号

新型コロナお盆で感染増

小田原・箱根・湯河原・真鶴

新型コロナお盆で感染増 社会

若年層・家庭内で

8月28日号

市が指定管理者 再募集

国府津駅隣接新駐輪場

市が指定管理者 再募集 社会

応募0件で要項改定

8月28日号

あっとほーむデスク

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook