箱根駅伝 若手に応援の襷つなぐ 「こやわた会」来年も存続

社会

掲載号:2019年12月21日号

  • LINE
  • hatena
準備を進める新旧運営メンバー
準備を進める新旧運営メンバー

 箱根駅伝を地域一丸となって応援してきた、小田原市小八幡の「こやわた会」。地域有志による運営メンバーの高齢化により今年2月に一度は解散したが、復活を望む声も多く若手に活動を継承することとなった。

 こやわた会は国道1号線「小八幡3丁目」信号付近で15年間にわたり、出場大学すべての応援旗を掲げてランナーに声援を送り続けてきた。運営メンバーの懇親会で集めた資金を活用し、応援に集まった人たちに餅や豚汁を振る舞っており、年始の地域の交流の場ともなっている。

 新たに「小田原こやわた会」として活動を継承するのは、同地区に暮らす杉崎俊之さん(41)ら若手有志10人。4児の父親でもある杉崎さんは「災害時など地域のつながりが大事になる。子どもたちのコミュニティが少なくなってきている時代、地域を盛り上げていきたい」と決意を話す。一方、長年会長を務めてきた平野富久さん(68)は、「地域の人たちが知り合える機会。取り組みが継続できてうれしい」と喜んだ。

 応援は1月2日(木)は午前10時から、3日(金)は午前9時からで、両日ともに全選手通過まで。餅つき、豚汁振る舞い、お菓子つかみも行われる。2日のみ、小八幡祭囃子保存会による演奏もあり。(問)【電話】080・2112・0912

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

マンホールで広告 県内初

小田原市

マンホールで広告 県内初 社会

企業・団体PRに蓋を活用

3月28日号

発達障害 切れ目なく支援

発達障害 切れ目なく支援 社会

小田原市に機能集約拠点

3月28日号

選手へのエール描き『金』

刀称秀篤さん(相洋中2年)

選手へのエール描き『金』 文化

東京2020オリパラポスター

3月21日号

新人土屋氏がトップ当選

湯河原町議選

新人土屋氏がトップ当選 政治

投票率は過去最低53・93%

3月21日号

チンチン電車 里帰りなるか

チンチン電車 里帰りなるか 社会

 引退車両 長崎から小田原へ

3月14日号

4月から駐車場有料に

小田原市立病院

4月から駐車場有料に 経済

民間貸付で年1千万超収入

3月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月28日号

お問い合わせ

外部リンク