若手一丸で箱根復興へ 「はこねすきプロジェクト」始動

社会

掲載号:2020年2月15日号

  • LINE
  • hatena
町内の店舗等に掲げられているポスター
町内の店舗等に掲げられているポスター

 昨秋の台風で大きな被害を受けた箱根の復活を目指し、小田原箱根商工会議所会員の若手と箱根地域の事業者有志が「はこねすきプロジェクト」を結成し、活動をスタートさせた。一部区間で不通となっている箱根登山鉄道の復旧支援や景観の復活を目的に、行政や企業、団体、町民と連携し取り組む。

 昨年10月の台風19号は箱根町内に甚大な被害をもたらした。特に登山鉄道は、土砂崩れの影響で現在も一部区間が不通となっており、町民生活や観光に大きな影響を及ぼしている。そんな状況の中、自分たちにできることはないかと、自然発生的に声を上げ、商議所の後押しもあり結成されたのが同プロジェクトだ。

 メンバーらは昨年11月頃から、10日に1回程度集まり支援活動について話し合いを持ってきた。その中で、箱根の森小学校に通う戸塚咲樹さんの箱根美化ポスターに描かれた、被害が起こる前の美しい箱根の姿に「この景観を一刻も早く復活させようと結束した」とメンバーの一人は振り返る。作者の戸塚さんや学校の理解を得てポスターをプロジェクトの御旗、タイトルをプロジェクトの名称にした。

 具体的にはチャリティーイベントや箱根美化清掃活動の実施、箱根登山鉄道沿線での植樹支援、店舗や事業者などへのポスターやPOPの掲示・募金箱の設置の協力呼びかけなどを行う。すでに、町内の事業者や団体等から協賛の申し出やチャリティーイベントの開催など支援のための活動は広がりを見せている。「皆で協力し箱根は頑張っている。若者らしくアイデアを出し合い、私たちができることで役に立つなら力になっていきたい」とメンバーは話す。

 現在、同プロジェクトでは募金を呼びかけている。個人は一口5千円、法人は一口1万円。寄付金は、箱根トラスト(箱根町資源保全基金)を通じて登山鉄道復旧ほかに役立てられる。

 詳細・問い合わせは、小田原箱根商工会議所箱根支部【電話】0460・85・6245へ。

かんたん内窓で健康リフォーム!

断熱効果や結露軽減のほか、防音・目隠し効果もある樹脂製内窓で快適生活を。

http://www.lixil-madolier.jp/5000328/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

100年の節目に歴史再考

栢山神社

100年の節目に歴史再考 文化

氏子らが碑など整備

2月22日号

地域ポイントで活動促進へ

小田原市SDGs

地域ポイントで活動促進へ 経済

アプリ活用 単位は「おだちん」

2月22日号

混雑緩和へ今秋整備

国府津駅周辺

混雑緩和へ今秋整備 経済

車道延伸、駐車場増設など

2月15日号

逆境はねのけ 大会制覇

酒匂中バスケ部

逆境はねのけ 大会制覇 スポーツ

新人戦優勝 県西地域で初

2月8日号

豊島邸 宿泊施設で活用

豊島邸 宿泊施設で活用 社会

小田急電鉄が事業者に

2月8日号

愛称は「湘南潮彩レモン」

愛称は「湘南潮彩レモン」 社会

県、JAがブランド化推進

2月1日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 風魔忍者現る

    世界が憧れるまち”小田原” 意見広告

    風魔忍者現る

    守屋てるひこ

    2月15日号

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

岡本暁子ピアノリサイタル

岡本暁子ピアノリサイタル

4月11日 タウンニュースホール

4月11日~4月11日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク