早川駅前プチマルシェを企画する 神戸 さえさん 小田原市南町在住 53歳

掲載号:2020年2月22日号

  • LINE
  • hatena

学びが今、ゆっくりと花開く

 ○…当たり前のように、美味しいものや楽しいものに囲まれて過ごせる場所をつくってみたい。まずはお気に入りの店舗に声をかけ、昨年5月に何気なく始めた早川駅前プチマルシェ。初回からの盛況ぶりも「私はたいしたことはしていなくて。ありがたいことです」と控えめだ。

 ○…家業の小田原百貨店の仕事や3人の子育てをしながら、パンづくりを学び28年。「体に良いものを食べたい」と、オーガニックの小麦粉や地元の食材を使ったこだわりのパンを、家族のために焼いていた。イベントで販売するうちに口コミで人気が広まり、注文が入るように。2年半ほど前、ついに早川駅前に小さな店を構えた。「拠点ができたことで、いろいろな人とつながれた」と、40年ぶりに友人と再会することも。プチマルシェもまた、人と人とを自然につなぐ広場へと成長している。

 ○…童話や詩を書いていた青春時代。遠藤周作の小説が大好きで、箱根までの通学電車の中で本を読むことが至福の時間だった。「暗黒期だった」と今では笑って振り返るが、先生や周囲に反発していたのだとか。進路が決まらず浪人生となったが、「勉強だけしていられる幸せ」を味わい、慶應義塾大学に進学。沖縄の文化研究や発掘調査に夢中になって取り組んだ。

 ○…パンづくり、経営学、文学…。学びは大人になっても止まらない。「学んだことを生かしたい」と自由を求めつつも、地元ならではのしがらみを感じて守りに入ることもあった。「それも自分で選んできたこと。今やっと、気にせず前を向けるようになった。まわりの人たちのお陰です」。おっとりとした雰囲気の中に、芯の強さを感じさせる。新たな挑戦は始まったばかりだ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

黛 執(まゆずみ しゅう)さん

湯河原町幕山公園に自身の作品が刻まれた句碑が建立された

黛 執(まゆずみ しゅう)さん

湯河原町在住 89歳

3月28日号

植松 美穂さん

「第64回全日本学生競技ダンス選手権大会」で3位を獲得した

植松 美穂さん

小田原市栢山在住 22歳

3月14日号

武井 良雄さん

令和元年度 卓越した技能者(現代の名工)に選ばれた

武井 良雄さん

小田原市栄町在住 66歳

3月7日号

岡田 健(たけし)さん

小田原市民生委員児童委員協議会の会長を務める

岡田 健(たけし)さん

小田原市城山在住 73歳

2月29日号

神戸 さえさん

早川駅前プチマルシェを企画する

神戸 さえさん

小田原市南町在住 53歳

2月22日号

小林 博子さん

認知症をテーマとする絵本『とかげのアンソニー』を出版した

小林 博子さん

小田原市千代在住 56歳

2月15日号

かんたん内窓で健康リフォーム!

断熱効果や結露軽減のほか、防音・目隠し効果もある樹脂製内窓で快適生活を。

http://www.lixil-madolier.jp/5000328/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月28日号

お問い合わせ

外部リンク