(PR)

コロナ対策に免疫力アップ 東洋クリニックおだわら 沢野院長

掲載号:2020年2月29日号

  • LINE
  • hatena
院長の沢野進医師
院長の沢野進医師

 Q.新型コロナウイルス感染症に対して、心掛けることはありますか?

 A.感染者が増えるに従い、心配ですよね。手洗い、うがい、マスク着用で外部からウイルスの侵入を防ぐ方法に加え、免疫力を高めて体の中からも予防しましょう。漢方には桂皮や甘草、生姜など9種類の原料を使った「柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)」をはじめ、20種類以上の薬があります。高齢者や体力が落ちている人には「補中益気湯(ホチュウエッキトウ)」や「人参養栄湯(ニンジンヨウエイトウ)」、手術後に体力が低下している人や虚弱体質の方には、「十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)」などが良いでしょう。どれも、貧血、疲労、食欲不振などにも用いる漢方薬です。

 Q.たくさんの種類があるのですね。

 A.その人の状態に合わせて、適した漢方薬を選ぶことが免疫力向上には欠かせません。火事への備えに例えるなら、消火器を置いておくことと、建築建材や設計を工夫して燃えにくい家をつくることが大事。漢方は、後者の燃えにくくする工夫に似ていますね。
 

東洋クリニックおだわら

小田原市栄町1-5-17 ヘルスケアタワー6F

TEL:0465-20-4122

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のピックアップ(PR)最新6

面倒な手続きお任せ

面倒な手続きお任せ

クルマ買取のハッピーカーズ小田原店

5月30日号

さすが、ドイツ!!

アフターコロナに安心のフォルクスワーゲン

さすが、ドイツ!!

5月23日号

修理・メンテは早めが正解

水廻り機器は依然供給不安定

修理・メンテは早めが正解

5月23日号

宝くじ

先生おしえて【19】

宝くじ

杏林堂クリニック 金城(かねしろ) 院長

5月16日号

コロナ禍にシロアリ舞う

(株)三和消毒 

コロナ禍にシロアリ舞う

床下のスペシャリスト

5月9日号

市民の声で市政は変わるまちの未来、改めて考えよう

意見広告「小田原の未来をつくる会」(未来会議)からのメッセージ

市民の声で市政は変わるまちの未来、改めて考えよう

5月2日号

(株)三和消毒

巷が緊急事態宣言発令中でもシロアリはやってくる

http://www.sanwa-tpc.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月30日号

お問い合わせ

外部リンク