小田原市 EVシェア 試験運用開始 脱炭素目指し県西地域で

経済

掲載号:2020年3月21日号

  • LINE
  • hatena
スマートフォンを操作して電気自動車のカギを開ける加藤市長
スマートフォンを操作して電気自動車のカギを開ける加藤市長

 小田原市と民間2社の連携によるEV(電気自動車)のカーシェアリング事業のテスト運用が3月16日、始まった。環境省に採択された「脱炭素型地域交通モデル構築事業」で、エネルギーマネジメントと連動した取り組みは全国初。

 市役所駐車場で運用開始セレモニーが行われ、加藤憲一市長とカーシェアリングとエネルギーマネジメントを手掛ける(株)REXEV(東京都)の渡部健社長、再生可能エネルギーの地産地消に取り組む湘南電力(株)(小田原市)の原正樹社長が出席。加藤市長はスマートフォンで予約やドアの解錠などの操作、電気スタンドから充電スタンドの着脱などを体験し、駐車場をEVで1周した。原社長はあいさつで「社会課題の解消につながる取り組みと期待している。当社として再生可能エネルギー100%導入への責任を感じている」と思いを述べた。

 「eemo(イーモ)」と名付けられたこのサービスでは、再生可能エネルギーの電気で走るEVをシェアすることでCO2排出量削減と再生可能エネルギー需要の創出を図る。また電力需給に合わせ蓄電池を充放電しながエネルギーの効率利用を促進、災害等による停電時にはEVの蓄電池を非常用電源として活用する。

 現在は市役所ほか6カ所のEVステーションに車両14台を設置。5月末まで試験運用を行い6月1日から50台で一般利用を開始。10月にはステーションを50カ所・車両100台に増やす予定だ。

eemoのロゴマーク
eemoのロゴマーク

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

下水道料金を猶予

小田原市

下水道料金を猶予 経済

支払い困難者に

4月4日号

最優秀賞に新玉小

広報紙コンクール

最優秀賞に新玉小 教育

4月4日号

ロマンスカーをつくろう

自宅で過ごす小学生を応援 小田急電鉄

ロマンスカーをつくろう 社会

抽選で箱根フリーパス

4月4日号

プロの味 自宅で再現

中華街・招福門

プロの味 自宅で再現 社会

肉まんキットを新発売

4月4日号

「湘南ゴールド」洋菓子に

「湘南ゴールド」洋菓子に 経済

小田原土産に シェフが開発

4月4日号

小田原城天守閣が休館

小田原城天守閣が休館 社会

1市3町 行事中止も相次ぐ

4月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月4日号

お問い合わせ

外部リンク