3月26日付で小田原警察署の第103代署長に着任した 寺澤 陽公(ようこう)さん 小田原市内在住 58歳

掲載号:2020年4月4日号

  • LINE
  • hatena

我以外、皆我が師なり

 ○…「小田原署は、明治時代から続く歴史のある警察署。署長として身の引き締まる思い」と凛とした表情を見せる。川崎市の多摩警察署に続き、これが2度目の署長職。今回の異動には、ある特別な思いを抱いていた。「初めて赴任したのが小田原署。風光明媚なこの地で19歳からの2年間、警察官のいろはを学んだ。今回の異動を聞いたとき、何か運命的なものを感じた」と微笑む。

 ○…警察官を目指したのは、高校時代に目にしたニュースがきっかけ。犯人を追った末、刺されても手を離さずに殉職した警察官がいたことを知り、「命がけでやる仕事」として憧れを抱いた。県警に採用後、度々配属された機動隊には通算約10年所属。52歳のときには機動隊長も務めた。出身地である長野県での冬季五輪では、現地に派遣され警備に尽力。「職務に大きな誇りを感じた」と話す。

 ○…中学卒業後にのめり込んでいたのはギター。高校時代にはアリスやかぐや姫のコピーバンドを始めたほか、演劇にも夢中に。演劇部では3年生で主演に抜擢され、文化祭で熱演した。「幕が下り、拍手に包まれると大きな達成感がこみ上げた。部員たちと抱き合って喜んだのを今も鮮明に覚えている」と懐かしむ。こうした経験から、人が成長する上で肝要なのは「目標を明確化し、試行錯誤しながら行動して、課題を達成すること」と学んだという。

 ○…「署員にも、この成長のサイクルを大切にしてもらいたい」と願う。また、感銘を受けた作家・吉川英治の言葉「我以外(われいがい)皆我師(みなわがし)」を胸に、これからも一層人との出会いや縁を大切にしていくつもりだ。「署員一丸となって市民の安全をしっかりと守りたい」。優しい語り口の中にも熱意が宿る。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

清水 勲さん

内閣府からエイジレス章を受章した

清水 勲さん

小田原市城山在住 77歳

10月24日号

芥川 卓さん

小田原市倫理法人会の会長に就任した

芥川 卓さん

開成町在住 57歳

10月17日号

山本 博文さん

横浜銀行の理事・小田原支店長を務める

山本 博文さん

小田原市出身 55歳

10月10日号

栁下 正祐さん

10月1日付で小田原市教育長に就任した

栁下 正祐さん

小田原市寿町在住 65歳

10月3日号

初鹿 真樹さん

小田原バリアフリーマップづくりに取り組む作業療法士

初鹿 真樹さん

小田原市中町在住 43歳

9月26日号

松本 一彦さん

新町長として真鶴町政の舵取り役を担う

松本 一彦さん

真鶴町在住 54歳

9月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月24日号

お問い合わせ

外部リンク