居神神社 創建500年で参道整備 7月に式典、大神輿渡御

文化

掲載号:2020年4月18日号

  • LINE
  • hatena
社殿前に並ぶ宮司と実行委員会の役員
社殿前に並ぶ宮司と実行委員会の役員

 小田原市城山の居神神社(村上國起宮司)が今年、創建500年を迎える。郷土史愛好家が創建年を突き止めた4年前から「500年奉祝祭」に向けて準備を進め、今年4月にはメーン事業となる参道修造が完了した。

 居神神社は、北条氏の敵将であった三浦荒次郎義意を祀る神社。創建年について、郷土史を研究する石井啓文さん(79)が2016年に国立公文書館所蔵の『異本塔寺長帳』をもとに1520年(永正17年)であることを明らかにしていた。

 神社ではこれを受け、節目の年にあたる2020年に向け、自治会長や氏子総代らで構成する実行委員会を発足。「神社の尊厳護持に資する奉祝事業は何か」(村上宮司)と協議を重ね、社殿までの参道を整備する案が持ち上がった。

 これまでの参道は石畳が幅90cm程と狭く、石段も一部欠損するなどしていた。委員会では昨秋、地域から奉賛金を集め、今年2月に着工。新しい石畳には白御影石を採用し、横幅も拡張。2カ月をかけ、全長12mの新しい参道が完成した。新型コロナウイルスの影響でお披露目式は行えなかったが、村上宮司は「皆さまのご協力で立派な参道になった」と安堵の表情を見せ、総代の高橋道雄さん(67)は「こんなご時世だからこそ地域を明るく照らすことができれば」と話す。神社は今後、義意の命日にあたる7月11日に500年奉祝祭、翌12日に大神輿渡御を予定している。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

なりわい文化を発信

全国産業観光フォーラム

なりわい文化を発信 文化

小田原市で2月17日、18日

1月15日号

ゆかりの地通じ街をPR

大河ドラマ

ゆかりの地通じ街をPR 文化

『鎌倉殿の13人』で市町活性化へ

1月15日号

2,270人が新成人に

1市3町

2,270人が新成人に 社会

小田原、真鶴で前年比増

1月8日号

小学生向けに報告会

小田原市議会

小学生向けに報告会 政治

「地方自治に関心持って」

1月8日号

夢に向かい果敢に前進

夢に向かい果敢に前進 文化

式町水晶さん、佐藤心結さん

1月1日号

北条氏ゆかり虎朱印

北条氏ゆかり虎朱印 文化

民の穏やかな暮らし願い

1月1日号

株式会社大盛センイ

ラスカ小田原4階に1月31日(月)まで出店。ブランド『パンツのソムリエ』

http://www.pants-no-sommelier.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook