神奈川SDGsパートナー 真鶴町から1事業者登録 県、第3期登録者を発表

社会

掲載号:2020年5月9日号

  • LINE
  • hatena
登録証を持つ亀川社長
登録証を持つ亀川社長

 神奈川県はこのほど、SDGsを普及促進するための取り組みを支援する「かながわSDGsパートナー」の第3期登録者(126者)を発表した。小田原市内から新たに2者と真鶴町内から初めて1者の登録があった。

 SDGsとは、国際サミットで2015年に採択された国際社会の共通目標。30年までに、持続可能な社会の実現を目指し、地球上の問題を皆で解決しようというもの。県は、19年度から企業等がSDGs推進の裾野を広げることを目的に同パートナーを募集し、SDGs推進の目的や取り組み内容を審査して登録している。

 第3期で新たに登録を受けたのは、(株)ダイドーフォワード(小田原)、(有)吉工(同)、(有)亀川石材店(真鶴町)の3者。(有)亀川石材店は真鶴町からの初の登録者。同店は1923年(大正12年)創業。本小松石を採石・販売している。同店ではできるだけ重機を使わず、石を叩いて仕上げる昔ながらの加工法を提案するなど、環境に配慮した取り組みも行っている。4代目の亀川洋社長は「SDGsの意義に共感を持った。中でも環境に対してしっかり取り組んでいきたい」と話した。

 登録を受けると、県による取り組み事例の広報や企業・自治体・大学とのマッチング支援などが得られる。すでに小田原市内では8者、湯河原町内では1者が登録を受けている。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

初制覇へ「アツマーレ」

ベルマーレフットサル

初制覇へ「アツマーレ」 スポーツ

22日に開幕イベント

5月21日号

地域の「宝物」動画に

小田原箱根商議所

地域の「宝物」動画に 文化

ラグビーW杯、オリパラ契機

5月21日号

小田原市 採択額全国2位

デジ田推進交付金

小田原市 採択額全国2位 政治

防災、観光分野などで活用

5月14日号

旧内野醤油店、利活用へ

小田原市

旧内野醤油店、利活用へ 社会

公有化で地域活性を促進

5月14日号

2030年への道筋示す

小田原市

2030年への道筋示す 政治

新総合計画がスタート

5月7日号

新シーズンへ組織変革

ベルマーレフットサル

新シーズンへ組織変革 スポーツ

発足15年 さらなる進化へ

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月21日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook